音楽感受研究室

APSCI2013-インド4日目

インド4日目です。

今回は学会の内部を紹介したいと思います。

APSCIというのは人工内耳という医療機器の取り巻く分野の学会ですので基本的には耳鼻科医のための学会。

しかし、我々のように「人工内耳と音楽」という切り口で耳鼻科医以外のフィールドの人も学会に登壇する事ができます。

今は医療機器も発達していて聴覚を失っても機械的に取り戻すことができ、そして次は音楽を聴く楽しみを取り戻したいという動きがあります。
その助けとなるべく僕が所属している音楽感受研究室があるわけです。

世界の研究機関が一度に集まるのが学会。ここではその分野の最新の情報と専門家の考えが聞けます。

発表の様子

・発表前の様子

よくあるプレゼン会場みたいな感じですね。今回は国際学会ということで使用言語は英語です。他の登壇者もみんな英語で発表します。

発表中

・発表中

今回はPowerPoint内蔵のテーマを使いました。

質疑応答

・質疑応答

今回の発表は8分間。その次に2分間の質疑応答が行われます。これは発表を見ていた他の研究者がその研究について質問をしたり、自分はこんなケースに遭遇した、など意見交換が行われます。我々のように音楽に焦点を当てた発表は珍しいのか、聴いてる参加者のほとんどは耳鼻科医だからなのか、あまり質問はありませんでした。

「日本人の研究チームが人工内耳と音楽に対しての研究をしている」ということがザックリでも伝わればそれでいいのです。

このように発表を繰り返していけば、いつか他の研究者にもしっかりと覚えてもらえます。
自分達も発表することで研究をより深く掘り下げることになります。

世界の研究者はこのようにして勉強する場を作り、共に刺激しあって自分達の研究を深めています。
お医者さんは本当に勉強熱心です。その姿勢にとても刺激を受けました。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。