スティールパン

ブログを書き続けて本当に良かったと思った。

今年の4月から始まった「横須賀のスティールパンスクール」。
10月から新しい生徒さんが2名加入されました。

なんと、そのうちの一人の方は

「安里さんのサイトを拝見しました。私は聾学校で教員をしているのですが、安里さんは人工内耳の研究をされているんですよね。
私が担当している生徒の中にも人工内耳を装用している生徒が居るんですよ!」

と話題を振ってきてくださったんです。
これ、本当に嬉しかったです。

僕がブログを続けている理由ですから。
最近思うけど、音楽家はみんなブロガーになるべきなんじゃないかと。
音楽家としての活動の助けになるのは間違いないし、
ブロガー業界から見ても「普通のブロガーには書けない文章が書ける」のが面白い。
本番前の控え室の写真すら価値になるんですよ。だって普通の人はライブハウスの控え室に入る機会なんて無いから。

これはとても有利。きっともっと面白いことが書けるはずでしょう。

音楽家とブログの相性がこんなに良いとは思っていませんでした。

僕は「安里はこんな仕事をしているんです。」を表現したくてサイト(ブログ)を始めました。名刺代わりです。
音楽家という前に一人のフリーランサーとして社会にいます。
もし、どこかの企業に勤めている人なら「⚪︎⚪︎会社の◽︎と申します」と言えるじゃないですか。
あれって本当に羨ましい。僕はせいぜい「スティールパンを演奏している安里です」程度。
所属があるって羨ましいですよ。

会社名でも出て来れば「あぁ、⚪︎⚪︎関係の仕事ね」と分かるけど、僕は「スティールパンを演奏している安里です」
「スティールパンって何?」から始まって、ダラダラと普段の活動を伝えるあの流れが本当に嫌です。
だから「僕の活動はブログをみてください」と言えるようにしていたんですよ。

今回、それが実った気分です。

初心を忘れず、楽しくブログを書いていこうとおもいました。
もちろん、レッスンも楽しく続けたいと思います。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。