安里流心理学

感謝の気持ちを伝えられたことがとても嬉しかった。

昨日の記事で「人気ブログの作り方」のレビューを書きました。

その記事を著者であるかん吉さんのツイッター宛に送ったところ、リプライが返ってきました。

リプライが返ってきたのも嬉しかったんですが、なにより「自分がネットの向こうにいる人に感謝の気持ちを伝えられた」ことが嬉しかった。

かん吉さんとは会ったことがありません。しかし、いつもブログを拝見しているので、なんか近い存在に感じるんですよ。
これがインターネットの不思議なところ。

直接「ありがとうございました。」っていうのも「恥ずかしい」というか、「なんて思われるだろう・・」とか色んな事を考えちゃうですよ。

しかし、今回に限っては自分に大きな影響を与えてくれた「わかったブログ」「かん吉さん」に感謝の気持ちを伝えたかった。

ちょっと緊張しましたが、真剣に思っている事はネット越しでも伝わるのかなぁと思いました。

感謝の気持ちも込めて、もう一度宣伝。

今後もリスペクトしている人には感謝を伝えようと思います。

これを思い出したんですよ。

『必ず結果が出るブログ運営テクニック100〜プロ・ブロガーが教える”俺メディア”の極意〜』/コグレマサト・するぷ。 | keiichiroasato.com

に書かれていた事ですが、
「気になるブロガーと思い切って実際に会う」
という項があります。

以下、少し抜粋して紹介しますね。

本当に気になるブロガーとは、Web上でやりとりするだけでは物足りなくて、実際に会いたくなるものです。
会う機会としてはオフ会などのイベントもありますが、人数が多い場では、特定の人とじっくり話すのは難しくなります。思い切って連絡を取り、少人数で会ってじっくり話してみることができたら最高です。
そのとき、いきなりメールを送るのも悪くはありませんが、せっかくソーシャルメディアがあるので、ちょっとしたネタをみつけてやりとりをしたり、ブログの感想を送ったりしてみましょう。それによって、先方に自分を知ってもらい、好意があることをわかってもらう、という手順を踏んでおくとお互い安心です。その上で、いいタイミングを計って誘ってみましょう。

するぷさんと、コグレマサトさんが出会ったのもまずはツイッターでやりとりをして、その後、福井のセミナー会場で直接会ったそうです。

やっぱりみんなツイッターとかでやりとりしているんですね。
そうやって輪を広げているんだなと分かりました。

今回の事で、また少し自分がパワーアップしました。

みなさんもネットの向こうの知らない人でも感謝の気持ちを伝えた方が良いですよ。お互い嬉しい気持ちになります。

なんかインターネットって怖いじゃないですか。変な書き込みが多いし、悪口・誹謗中傷などなど。
何かと目にすると思いますが・・・。
そういう場所じゃない場所。つまり今回のように「感謝」や「感激」など愛のあるの言葉に溢れている場所もあるという事です。

人気ブログの作り方 特設ページ

↑このページはまさにそういう場所。

そういうのって良いと思うんですよね。

あと、勘違いしちゃいけないのが、「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤトさん。

この方の記事って、確かに切れ味が鋭い。だけど、決して悪口を言っているわけではないです。文章から愛を感じますから。

5月病で苦しい?あなた、その仕事向いてないですよ : まだ東京で消耗してるの?

この記事とか、厳しい事を言っているようで事実だと思うし、仮に知り合いが5月病だとか言い出したら僕も同じような事を言うかもしれません。
だって、その人がより「その人らしく」生きた方が絶対良いと思うんですよ。
めちゃくちゃ愛に溢れている忠告だと思います。

その辺りはちゃんと理解しないといけません。

僕も、誰かの為になるコンテンツをもっと作っていきたいものです。
これからも頑張ろう。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。