楽しく優しくかっこよく

スティールパン奏者・ブロガー 安里圭一郎公式ウェブサイト

*

断る勇気を僕に下さい。

      2016/01/20

僕の悪い癖は
ちょっとやってみたいこと。「やれたらいいなぁ」ぐらいのことを引き受けちゃうんですよ。

なんでも挑戦するって大事だとは思うんです。若いうちは良いと思うんですがそろそろ変えていきます。

もっとNOと言える人間になりたい!!
数年前に比べて、だいぶNO!を言えるようになったけど、まだ足りない!
もっともっと、時間を作りたい。

そして、本当に自分じゃなきゃできないことを突き詰めたい。

スポンサーリンク

自分にしかできないこと

自分が何をやらなきゃいけないのか。もっと真剣に自分と向き合いたい。

やりたいことだけがドンドン増えていって、全然消化できないんですよ。
それとも、人生というものはこんなもんなんでしょうか?

「あれもやってみたい・・」「これもやってみたい・・・」と思っているだけで終わってしまうものなんでしょうか??

絶対に違うと思うんですよ。自分の行動次第で(全部をすることはできないにしても)大半のことはできると思うんですよね。

僕に足りないのは、「断る勇気」

僕のような人間に仕事を下さるのは本当に嬉しいです。それを断れないんですよ・・・。

断ることが怖いんです。

仕事を任せられる自分になりたい

これも悪い癖です「自分一人で抱えこむ」。こういう人って、端から見てると「もっと周りを頼ればいいのに・・。」って思うじゃないですか。僕もそう思います!

・・・「全部自分でやってる自分かっこいい!とでも思ってるの?」・・・

って感じに見えるじゃないですか。違うんですよ。「人に任せるスキルがないんですよ。」

というわけで、「僕は人に任せるスキルがありません。」認めます。

これは早急に直したいな。そうでないと時間がいくらあっても足りないわ。

仕事を任せられる仲間が欲しい

もっと仲間が欲しいです。 | 楽しく優しくかっこよく

これも一つの原因です。もっと仲間を作らないと!
数年前、あれだけ仕事や演奏の本番に飢えていたのに、今では(ありがたいことに)自分の手に負えないぐらいの本番がやってくるようになりました。

ありがとうございます。皆さんのお陰で、「職業音楽家をさせてもらっています。」

「まだまだ30歳ぐらいで調子にのるな!」という声も聞こえてきそうですが。そう言うつもりはありません・・。

僕は、とても素晴らしい先生と先輩に恵まれてきました。仕事の大半は先生や先輩から頂くものです。
そうやって頂いた仕事(演奏の本番)で力をつけ、今に至るわけです。
感謝しかありません。

その先生や先輩は口を揃えて同じことを言います。

「ありがたいと思うなら、将来それをお前の後輩に返せ。そして、この流れを止めないようにしよう。」

だから、僕も後輩に仕事を回していかないといけないんですよ。

あの時の恩返しはまだ終わってないんです。だから、僕に仕事を回せる仲間を増やしたい!

自分にしかできないことじゃないと世の中にインパクトを与えられない。

僕はもっと自分にしかできないことをやっていきたい。
そのために必要な能力を養いたい。全然スキルが足りないんです。もっと音楽の練習したいし、アレンジも勉強したいし、作曲もしたいし、DTMもしたいし、ブログもしたいし。

有料の動画コンテンツとか作ってみたいですね。最近はやりのnoteとかもやってみたいし。

フリーランサーというのは「時間を自由に使っていい代わりに自分の責任で時間を使わないといけない。」

中途半端なことをやっていても全然ダメで、もっと自分らしいインパクトを周りに与えたいんです。

8年前、大学を卒業する年に6BASSを買って、みんなからは相当驚かれたし、「・・・こいつ、、ついに買っちゃったよ・・・。(バカだな)」みたいな目で見られたし。

(バカだなとは言われませんでしたが、明らかに(バカだな)という空気を出されたんですよ。そういう空気って分かるじゃないですか)

しかし、僕の決断は完全に正しかった。他の楽器をやっていたら僕の魅力は無くなっていたはず。絶対に音楽家になれませんでした。

僕は、大学時代ずっとマリンバを専攻していました。しかし、今では6BASSです。
ある意味、諦めたんです。為末大選手と同じような境遇でしょう。「100Mでメダルを獲れるビジョンが浮かばなかった」
僕にとっては「マリンバで活躍するビジョンが浮かばなかった」んですよ。

と、同時に自分らしいスタイルを提示したかったんです。

音大の打楽器科を卒業した後は、オーケストラで打楽器をやるか、吹奏楽で打楽器をやるか、アンサンブルで打楽器をやるか、ドラマーとしてバンドサポートするか、マリンバでお教室をするか、などなど。ある程度決まっちゃっていたんですよ。

そこに、「スティールパンのベース」というのもアリだ、ということを提示したかった。
今では、ある程度浸透してきたかなぁと。

去年、ついに後輩の優秀な6BASSプレイヤーが現れて、何度か代打を頼みました。後輩に6BASSを演奏できる人が現れてきたんです。

ということは、その時点で「僕にしかできないこと」では無くなってきました。

だとしたら、更なる「僕にしかできないこと」を探さないといけません。
6BASS、そのインパクトだけでここまでやってきちゃった感じです。
もう次の段階に行かないといけませんね。

というわけで、僕はもっと断る人になります。

時間がいくらあっても足りません。そして、残りの人生は後50年ぐらいしかありません。(たぶんね。)

70代までは生きたいなぁ。
それまでに自分のリーダーバンドを組まなきゃいけないし、70歳まで精一杯音楽をしないといけないし、忙しい忙しい。

ここまで書いて、頭の中が整理できました。よし、もっと断ろう。

全部断るわけじゃないですよ!断る回数を増やそうということです。

断ることができないで悩んでいる人って多いんじゃないだろうか。。みんなでドンドン断って自分の時間を作ろうよー!

仕事は自分の良さを発揮出来るものしか受けない!ごめんなさい。その代り、優秀な代打を用意できるように頑張ります!
飲み会やイベントもたくさん誘ってくれてありがとうございます。だけど、これからは断る回数が増えます!ごめんなさい!

付き合いの悪いヤツですね。ははは!

新しい自分になるために、古い自分を捨てる。

楽しく優しくかっこよく

 - 安里流心理学

楽しく優しくこの記事をシェア

スポンサーリンク

ブログ内埋め込み用【記事下・ダブルレクタングル】

ブログ内埋め込み用【記事下・ダブルレクタングル】


安里からのお知らせ

安里ってこんな人です。「安里圭一郎のプロフィール」

超厳選!安里が選ぶ「自分らしくいる為の道具達」

色々な人のトリニダード滞在記をまとめました。


楽しく優しく安里をフォローして更新をチェック!



  関連記事

ついに本番!!初のアンサンブルクラス、8ヶ月の成果はすごかった〜!

2014年1月からスタートしたアンサンブルクラスは8月31日遂に本番のステージを …

ついに完成形かな。「どこでもレザー」で作ったペンケース。~羽生選手の言葉で自分用に拘ること大事だと再確認~

何度も何度も登場している革細工の河辺さんの「どこでもレザー」 ショップサイトもあ …

ブログで自分が変化するのは分かった。その後は行動のみだけど、自分のダメ行動パターンが邪魔をする。その正体は「依存」。

ブログを始めてから自分がドンドン変わっていくのが分かります。 ブログ更新の効能に …

イケダハヤトさんの高知引っ越しの記事、共感する事があります!

ブログ界で知らない人はいないんじゃないでしょうか。 イケダハヤトさん。 なんと僕 …

楽器を演奏すると精神的にラクになる。音楽はいつでも寄り添ってくれる。

武田双雲さんの「書く力」を読んでいます。 書く力 ポジティブに生きるためのヒント …

このままじゃ自分がヤバイ。自分の心が蝕まれている事に気づいた。

飲み会で気が大きくなって大口叩くようになってる自分に気づいたんですよ。 というよ …

バッグをオーダーして「完成を想像する力」を育てようと思った。

どこでもレザーに完全オーダーのPCバッグを作ってもらいました。 この記事に書いた …

ブログ更新の効能に気づいた2015〜ブログの更新ができなくなっていた自分に喝〜

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく御願いいたします。 さて20 …

殻が破けない時期だと自分でも分かってる。

最近、自分の殻が破れない安里(@asatokei1) なんかね。全然エンジンが掛 …

個性を認めない人は自分も認められなくて良いということ。

昨日の記事を書いている途中に思ったことがあったので書いておきます。 世の中、優し …