スティールパン

スティールパンレッスンを行っていて日々思うこと。-同じ目標に向かってみんなで頑張ることが素晴らしい-

2014年2月現在、神戸と新宿でスティールパンレッスンを行っています。

どのスクールも熱心な生徒さんに恵まれ、日々真面目に楽しく練習をしています。

どのスクールにも本番を用意してくださっていて、その本番のステージに向けてみんなで頑張って練習します。

色々な方とスティールパンを練習しています!

色々な生徒さんがいるんです。

小さい頃からピアノをやってきた人。
吹奏楽をやってきた人。
打楽器をやっていた人。管楽器をやってきた人。
全く音楽をしなかった人。
譜面を見るのは小学生以来という人。

確かに音楽経験がある人は上達も早いです。
そういう人にとってはスティールパンもすぐに楽しめるでしょう。苦労は少なくて済むと思います。
では「音楽経験がない人は楽しめないのか」と言われるとそれは違います。

自分の出来ないことを練習して出来るようにする、というのは誰しも達成感があるもの。
スティールパンはそれを味わいやすい楽器です。
音楽経験がない人ほどその感動は大きいもの。
僕はそのお手伝いをさせていただいています。

出来ないことが出来るようになる、それはとても素晴らしいことです。
人と比べるのではなく、自分との勝負。
上手くなるためにはコツコツ練習するのが一番です。
ゆっくりでもマイペースに続けることが上達の近道。

是非一緒に楽しみながら練習しましょう!
スティールパンはきっとかけがえない存在になると思います。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。