スティールパン

Lujoe and the Giftedのステージをパンカニで体感できた幸せ。

パンカニのLujoe and the Giftedのステージが最高に楽しかった!!!。

打ち合わせと準備期間を含めると約4ヶ月。
無事に本番を迎えることができて本当に良かったぁぁ。

しかも会場は大盛り上がり。達成感を感じました。

関連記事

Lujoe and the Gifted in KOBE

森本さんがジャパンツアーのアテンドに

トリニダードで散々お世話になった森本さん。

特に2017年は森本さんをアチコチに引きずり回しました。

関連記事:トリニダード・トバゴ武者修行日記2017

ブッチさんのベースも、森本さんが居なかったら手に入らなかっただろうな・・・。

そんな森本さんから今年の5月頃に連絡がありLujoe and the Giftedのジャパンツアーがあって「パンカニに出演することは可能か?」とのこと。

すぐにパンカニ運営者と繋げて、二つ返事で「出演オッケー」。
今回のステージを迎えることができました。

本番当日はPAさんの多大なる協力もあり無事に演奏することができました。

サウンドチェックの時から、会場全体が釘付けになっていました。「どんなステージ何だろう・・・」「どんな歌なんだろう・・・」「めちゃくちゃ気になる・・・」という空気感がヒシヒシと伝わって来ましたよ。それだけ、注目されていたバンドだということですね。

僕は心の中でガッツポーズしてました。

神戸でソカやカリプソが聞ける幸せ

トリニダードのカーニバルが近づいてくると、街のあちこちでソカやカリプソのライブがあるんですよ。あれがまたかっこいんですよ。

そんな空気をLujoe and the giftedの皆さんが神戸に運んで来てくれました。
お客さんも新鮮だったんじゃないかな。

こんな機会はなかなか無いかもしれないけど、また作りたいと思った。

2015年にKOBE100PANを開催した時と同じような感情。

「またこの景色を見たい!」

きっとまた見れると信じて、これからもスティールパンを続けていきたいと思います。

Lujoe and the giftedの皆さん、森本さん、クルーの皆さん

最高のステージをありがとうございました。

また神戸で会いましょう。

楽しく優しくかっこよく
安里圭一郎

LujoeandthegiftedOPENDOOR
ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。