陶器を巡る旅

陶器のメッカ-益子でマグカップを買いました。

昨日の記事で書いた通り、車中泊までして向かったのは栃木県の益子。
ここは陶芸で有名な場所です。

「日本のことをもっと深く知りたい」と始めたお城巡りに続き、陶芸を巡る旅も日本に関する知識を深めます。

たとえ東京都内に陶芸のお店があったとしても現地の空気を感じなければ本当に良さは分からない。
そんな事を感じました。
・・・そう言えばトリニダードに行った時も同じ事を感じたんだった・・・。

陶器の町・益子に行ったということで陶器のマグカップを買ってきましたので紹介します。

益子で買ったマグカップ

陶器一つで生活が変わる

いつもの生活に陶器一つ加えることで気分が変わります。
陶器によって心が動かされているということ。
芸術の持っている力を再認識します。音楽に通ずるものがある。

益子駅前

陶器のお店が集まる通り、城内坂と里山通り

今回は城内坂と里山通りを巡りました。
はっきり言ってゆっくり見ていたら一日じゃ足りません。
昼過ぎに到着したのも原因なのですが、お店を数店見たら日が暮れて帰る時間になってしまいました。
そして、お店が閉まるのは17:00か18:00頃。当然、東京の感覚とは違いますのでご注意を。

益子町観光協会のHPがありますのでこちらも参考になりますね。

益子へはまた来たいです。いや、また来ます。
日本はまだまだ知らないことだらけ。関東にいるだけでは知らないことが多すぎる。

それにしても陶器はハマるとキリがないですよ。抜け出せない。
値段も様々で人間国宝級の方の作品は桁違い。
それを見に行くだけでも刺激になりますよ。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。