音楽鑑賞

『回レ!雪月花』と『夢見サンライズ』が中毒すぎる。ヒゲドライバーさんすげぇ。


なわけです。
tsutaya discasで借りた『回レ!雪月花』

中毒すぎてヘビロテです。

この曲を知ったのはリアニメーションというイベントなんです。

【間違いないイベント】リアニメーションinジョイポイス-楽しいって大事- | keiichiroasato.com
リアニを振り返る。-saqwzさんのリミックスに痺れました- | keiichiroasato.com

作曲者がDJを担当し、この曲でブチ上がっている動画を見てすぐに好きになりました。

Re:animation 6 (part3) / 2013.11.24 from reanimationjp on Vimeo.

もうね、体が勝手に踊りたくなる曲です。

「音楽の力で人を動かす」を体験しました。

回レ!雪月花について

作詞・作曲・編曲はヒゲドライバーさん。

こんなにシンプルにキャッチーに踊れる曲が書けるなんてすごい。

本来、ヒゲドライバーさんは8bitのピコピコしたサウンドが得意です。
『回レ!雪月花』にはあまり登場しないのですが、シングル盤にカップリングされた
『回レ!雪月花(chiptune Remix)』はピコピコです。

すっごいピコピコ感。

こういうサウンドって意外にも今の10代にも人気らしいんですよ。
30代以降には「ファミコンの音」という感じで馴染みがあるのですが、今の10代はファミコンなんて知らないだろうに。

中毒性があるサウンドなんでしょうね。

 

そして、何よりカップリング曲の「夢見サンライズ」がドハマり!!!

踊りやすい!ノリやすい!
家で聞いても踊りたくなる。というかちょっと踊ってる。
これは一度聴いた方がいいです!オススメ!

やっぱり意欲的な曲が多いなあ。
恐れずに実験している感じ。
僕はカラオケ版も聴きまくってますからね。

やっぱりクラブイベントは自分の知らない曲に出会う最高のチャンス。
『回レ!雪月花』は『機巧少女は傷つかない』というアニメのエンディンテーマらしいですが、
僕はこのアニメを観たことありません。
はい、モグリです。

でも曲が好きなんだからしょうがないんです。
アニメを見なくても曲を好きになれることはあるんです。
良い音楽を聴く理由なんて人それぞれでいいじゃん。

やっぱりクラブイベントは音楽の場として最高です。
これからも良い音楽に出会えたら紹介したいと思います。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。