アニメ

今更ポスト。劇場版のまどマギを映画館で観て自己反省会をした思い出。

劇場版のまどか☆マギカは僕にとても大きな影響を与えました。
これ、上映は結構前なんですけどね。映画館に見に行きましたし、ブルーレイ版も購入しましたよ。

そのブルーレイを昨日の夜に見返しちゃって。色々と蘇ってきました。

こういうのを載せると「はいはい、安里さんのアニメ回ね」ってなる人がいるけど、アニメってどれだけのプロフェッショナルが関わっているか知ってますか?

このページが分かりやすいですね。

アニメができるまで|エンタメのつくりかた|学校法人 東放学園

まぁこのチャートには音楽の事が書かれていませんが。
主題歌や劇中の曲も制作しなきゃいけないわけです。

多くの人間と多くのお金が動いていることが容易に想像できますね。

ものを創り出すってとても大変なことです。

僕も、まどマギのような一流作品に携われないとダメだなと思った。

調子に乗ってるわけじゃないんです。

映画を見ながらそう思ったんですよ。
この作品はとにかくクオリティが高い。

この映画はテレビアニメ版をリメイクして映画版に仕上げていて、つまり内容は変わってないんです。
もうすでに内容を知っているんです。

それでも!

それでも感動している自分がいたんですよね。
話の流れや結末を知っているのに。

それは、映画館で観ているということもあると思います。

しかし、まどマギのクオリティが高いのもあると思います。

そんな一流の中に僕も入らないとダメだなぁ、と映画を見ながら思ったわけです。
僕はアニメの制作に関わることはできません。(アニメ音楽も作ることはできません。)

自分のフィールドで、つまり演奏でもっともっと高みを目指さなきゃいけないなぁと思ったんです。

まどマギを観るといつでもそんな気になります。
この作品は一流のクリエイター達が作っていますよ。

社会現象になるほどでしたからね。
「アニメきもい」とか言ってるみなさん、マジで意識変えた方がいいよ。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。