楽しく優しくライフハック

初めての「まんだらけ」。

このブログではまだ取り上げていまでした。

僕、ラブライバーです。

ラブライバーとは>>>

前ブログではちょっと取り上げてます。

2月8・9日とさいたまスーパーアリーナでライブがあって、そのチケットの抽選に参加したんです。

なんと両日当たってしまったんです。

かなりの倍率だったと思うんですがね・・・他のラブライバーさんに申し訳ないです。

で、このチケット、ノベルティーが付いてるプレミアムチケットが存在しまして。
僕は、両日ともプレミアムチケットを応募していましたので、
ノベルティーも2つ届いたわけです。

つくづく他のラブライバーさんに申し訳ないです・・・・。

ということでこのノベルティ、僕のところに2つあってもしょうがないので一つは売ることにしました。

最初はヤフオクで売ろうかと思っていたのですが、
「こんな機会も滅多にない」と思い直し、折角なので秋葉原で買取をしているお店で売ることにしました。
これがドキドキだったんです。

mandarake

・色々なお店があるなかで「まんだらけ」に決めました。

調べてみると色んなお店が「買取」をしてることに驚きました。
しかし、最終的にはヤフー知恵袋を参考に。

キャラクターグッズ・マンガ・ゲーム・CDの買取店について(秋葉原)

お店に行ってみると大きなビルが。それが上の写真です。

入口はこんな感じ。
mandarake外観

そして、中に入るとこんな感じ。
mandarake中

なんか空港みたいですね・・・。

いよいよ、手続きが始まります。
店員さんに聞かれるがまま商品の説明をして、
記入用紙に記入して、
待つこと数分。
「こちらにどうぞー」と呼ばれて料金が提示される。
同意なら料金をお支払いいたします。
とのこと。

はい。book-offとかに売るのとほとんど変わりませんでした。

いやー、かなりビビリながら入店したけど普通じゃん!
結局このあと身分証明書を提示してお金をもらって退店。
滞在時間は多分10分ぐらい。

とてもいい勉強になりました。これからアニメグッズを手に入れたらまた売りに来ます。
(いや、アニメグッズを否定しているわけではないんです。アニメグッズに限らず、モノというのは「大事に使ってくれる人」が所有したほうがいいと思っています。)

結局、料金もヤフオクとあんまり変わらないです。
手間を考えるとお店に持っていった方が楽かな。

まんだらけ料金表
ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。