楽しく優しくライフハック

不必要なもの・手間の掛かることは目の前から無くしたい。そうすれば決断する回数が減る。

物を増やさない取り組み

物が増えると目の前に「決断する材料が増える」感じがするんですよ。
僕は不用意に物を増やしたくない派です。視覚の中に入ってくるだけで色々なことを考えてしまうので。

物が減れば余白が生まれる。その余白こそ自分の余裕と同じですよね。

それもあって読書をするのにkindleを選びました。電子書籍の利点は物が増えないこと。
確かに紙の本の方が読みやすいと思うこともありますが、これから一生増え続ける本を考えるとkindle一つで多くの本を読めることは大きな利点です。

本はこれからも読み続けますし、一生増え続けるでしょう。片付けるだけでも一苦労します。少しでも本棚を軽くして無駄な手間と決断を減らしたいです。

パソコン・スマホなどのコード類の処理

とても地味ですが、本当にちょっとしたことなのですが、家に保管しているコード類、バッグの中で常に携帯しているコード類のまとめ方も重要だと思います。だって手間が掛かるじゃないですか・・。

このテーマは色々な人がブログで紹介していると思うんですが、これって「人による」と思うんです。

  • コードを携帯して「頻繁に使うのか。」
  • 「ある特定の場所でしか使わないのか。」
  • 「どんな形のバッグで携帯するのか」

などなど。だから僕も自分にとって最適な形は何なのかを考えました。

現状はこんな感じ。

安里PCバッグ
コード cheero

現在はこれを使っているんです。

しかしこれ、オシャレで良い感じなのですが、僕のPCバッグには「かさ張ってしまうんです。」

良いクリップですが、僕のバッグ・僕の使い方には合いません・・・。

マジックベルトで作ってみる

これを試してみようと思うんです。
これなら、かさ張らずスムーズに取り出して使えそうです。

こういう細かい「煩わしさ」も、蓄積すると大きなものになっていくんですよ。問題が小さい時に早めに解決するに限ります。

細かい煩わしさを減らしていくというより、細かい「使いやすい」を蓄積していきたい。

この表現の方が正しいです。こうやって、たとえ小さなことでも「自分にとって使いやすい・やりやすい」を蓄積していきたいんです。
そうしていくと「自分はこういうことが苦手なんだ」とか「これは得意なんだ」というのが分かってきます。
安里流心理学で何度も書いていますが、「自分が得意なこと・不得意なこと・好きなこと・嫌いなこと、って分かってる?」ということなんです。
自分のこと、よく分かってますか?例えば、じゃあなんでストレスが溜まるんでしょうね?自分に栄養を与えてないからじゃないでしょうか。自分に栄養を与えられる人は自分しかいないというのに・・・。しかし、それができないんですよね。知らず知らずのうちにストレスが溜まっている。自分のメンテナンスを怠っている証拠です。。

分かっているのにメンテナンスができてないというのは、ある意味仕方ないのかもしれません。メンテナンスできない理由があるんでしょう。しかし、問題なのは、「知らず知らずのうちにストレスが溜まっている状態」これが危ない。自分のことって意外に分かっていないんです。

もっと自分自身を見つめ直しましょう!自分の環境を少しでも快適にしていきましょう。コードのまとめ方一つでも自分の生活は変わっていくかもしれませんよ!

楽しく優しくかっこよく

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。