安里が気になるイベント

演奏者が良い演奏をすればそれが「良いライブ」なの?僕はそれだけじゃないと思う。聞き手のレベルが高ければ更に良いライブになる。

ライブって、演奏者(歌手)が演奏(歌唱)して、それに対して「聞き手が反応して」成り立っている。

ということは「聞き手にもなんらかのリアクションを求められている」と思うんです。
だったら、そのライブの成功は聞き手にも結構なウェイトが乗っているんじゃないかなぁと思うんです。

勘違いして欲しくないのは「僕が演奏者としてステージに立つ時、もっと聞き手が盛り上がっても良いんじゃない?」
という、お客様へのダメ出しをしたいわけじゃないです。

僕は、自分がお客さんとして行ったライブでは演奏者と一緒に熱くなり、一緒の空気感を感じたいと思っています。
それに伴って、お客さんから歓声が出たり、拍手が出たり(それは演奏中でも)するんじゃないでしょうか?

そういう経験があまりできなくて残念に思っています。
僕一人だけ盛り上がって「あの人、勝手に騒いでるなぁ」と周りから思われてしまう。(僕の盛り上がり方にも問題があるんでしょうけども。)

クラシックコンサートでもない限り、演奏途中でもドンドン歓声をあげて、ソロに対して拍手をして、演奏者を刺激したほうが良いと思うんですよ。
それが、会場の熱を上げることにもなるし、演奏者もやりやすくなるとはず。

確かに演奏者が良い演奏をすれば、自然とそうなるでしょう。自分の体が勝手に拍手をするし、自然と歓声が出る。
それが一番良い形だとは思います。

しかし、「順番が逆でも良いんじゃない?」

聞き手が演奏に対してドンドン反応していけば会場の熱が高まっていくよ。

良い演奏を聴くのもいいけど、もっと大事なのは「その日ライブに来た全員で良いライブに昇華する」ことだと思う。

アニソン系クラブイベントの良さは会場の一体感

この記事を書いていて分かったんです。
どうしてアニクラ(アニソン系クラブイベント)が好きになったのか。

それは、会場が暖かい。一体感と優しさで包まれているんです。

例えば、なんらかのトラブルでDJがストップしてしまったら、会場のお客さんが歌ったりして会場を「繋いだりします。」

音が止まるとつまらないですから、そこで「DJが音を出すまで黙って待ってる」という事はあまりない。
そういう「お客さんの気遣い」みたいなのが感じられて、会場全体で今日のライブ(イベント)を盛り上げようという空気になるんですよ。

つまり、「聞き手レベルが高い」
運営サイドと同じくらい会場を盛り上げようとしている。
これが心地よいんだと思ったんです。

みんなが気持ち悪がっている「オタ芸」とか、あれ超テンション上がるからね。
オタ芸を打っている人も高まる。
それを見ているお客さんも高まる。(ちょっと危ない時もあるけど)
そして、DJも盛り上がる。

会場が高まるループに入っていくんですよ。

こういうこと、演奏系のライブで感じた事がないんです。

マーカス・ミラーのライブは会場も盛り上がってた

以前に、Billboard Live Tokyoで行われたマーカス・ミラーさんのライブに行った時、客席がすごい盛り上がっていた。
ソロが終わったら歓声と拍手。指笛とかも鳴っていたかも。

あんな感じが最高だと思っているんです。
あれは多分同行しているスタッフが盛り上げる為にやっているかもしれません(歓声が英語っぽかった。)
いわゆるサクラ行為みたいものですが、非常に心地良かった。「しーん」とマーカスのライブを聴くより格段にテンションが上がった。
きっと、マーカスも上がっていたと思う。

確かに、マーカスは超一流ですから。演奏が良いから会場も上がるし、拍手・歓声は起きますけどね。

僕が見にいくライブもそうやって会場を盛り上げたい。

だってその方が楽しいじゃないですか。
そのライブの為に時間とお金を使って行ってるのに、「しーん」って感じだとなんかもったいない気がする。
だから、みなさんも僕がお客さんとして来ているライブに遭遇したら、一緒に盛り上がりましょう!
そして、一緒に会場をアゲましょうよ!
そうすれば絶対楽しいし。演奏者のテンションも上がって、良いプレイが聴けるよ!
日本でもそういう流れを作っていきたいな!

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。