楽しく優しくライフハック

ノマドスタイルを考える-バッグ編- いざという時の行動力に影響します。

前回に引き続き、自分のノマドスタイルについて考える。

一泊する仕事が月に何度かあるのでそういう状況にも対応するようなバッグを普段から使っています。

僕の師匠が使っているのを見て同じ種類のバッグを買いました。

一泊するからと言って、キャリーケースなどのバッグを持つことをしたくないんです。
重いし、手が塞がる。機動性が落ちるんです。

どうして機動性が落ちるのが嫌かというとチャンスを逃すことがあるから。
出張は「行動力がみなぎってくる」。
それをキャッチできるかどうかに関わってきます。

・自分の気持ちをしっかりキャッチする。

飛行機や新幹線に乗ると、非日常の空気感が体に入ってきて「○○をやってみよう!」みたいな気持ちになるんです。

先日紹介したアイドルマスターの映画を見に行こうと思ったのも、出張に行った帰りに見たポスターがキッカケでした。

そういう、普段の生活では感じない刺激が薄れないうちに消化したい。
その場面で重いキャリーケースを持っていたら同じ結果にはなっていないと思います。
絶対に疲れててそのままだったとハズ。

今回の話は映画だったので、時期が来ればレンタルDVDなんかでも見れるんでしょう。
この日に見れなくてもいつかまた見る機会があるので、そういう意味ではその日じゃなくても良かったのかもしれません。
しかし、これがもっと「今日しかチャンスが無い。」「これを逃すと一生後悔しそう」みたいな場面に遭遇するかもしれません。

普段からチャンスを見逃さないように生活したいです。
その為には、(僕にとっては)快適なバッグを使うことは非常に重要なんです。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。