安里流心理学

このままじゃ自分がヤバイ。自分の心が蝕まれている事に気づいた。

飲み会で気が大きくなって大口叩くようになってる自分に気づいたんですよ。

というより、前から多少気づいていましたが、問題にしてなかった。
お酒なんて本音を出す為に飲むものだと思っていたから。

だけどこの頃の飲み会での自分は段々と酷くなってきた。
自分から出る言葉が「ネガティブワード」ばっかりだと気づいたんです。

自分だけが楽しければ良い発言ばかり。
大口叩いたり、言葉遣いが酷かったり、配慮に欠けた言葉だったり。

いやぁ、これは本当にヤバイ。治したいと思いました。

そこで自分なりに考えてみた結果、

「人との会話をもっと楽しもうと思う。」

まずコレに行き着きました。
自分が話すだけじゃなくて、人との「会話」を「楽しむ」ということをすっかり忘れていたように思います。
自分が言いたいことばかりをただ話すのではなく、相手の話を聞いてもっと言葉のキャッチボールを楽しむようにしたいと思いました。

こういう余裕がない為にアルコールが入ると自制心が無くなって自分が話したい事だけ話しているんでしょう。

飲み会をもっとみんなが楽しいものにしたいなと思いました。

もう一歩踏み込んで考えてみる。「どうして、自分のことばかり話してしまっていたんだろう?」

飲み会で大口を叩いたり、配慮の無い言葉を出したり。
それらの原因を考えてみました。

出した答えは「自分に余裕がないから」。

結局、アルコールが入ると良くも悪くも「本当の自分(素の自分)」が出るんだと思います。
日頃から余裕を持って生活をしている人はお酒を飲んでも余裕があるし、
楽しい事を考えている人はもっと楽しく。
ネガティブな事を考えている人はもっとネガティブに。
色々な事に不満がある人は説教や愚痴を出したり。

ビール好きの有名人が
「ビールとは本当の自分に戻る飲み物」
とか、そんなような事を言っていたような気がします。
(曖昧な記憶ですみません・・。)

この言葉が正にそうだと思うんです。

「心の底で何を考えているのか」それがとても大事だと気付きました。

自分の心と身体の声を敏感に察知する

最近の自分を振り返ってみると、やっぱり心に余裕が無いんですよ。
余裕も無いし、他人に嫉妬しているのかもしれない。
心の底ではネガティブな感情が渦巻いているんです。

僕は、自分が弱っている時ほど人を傷つける言葉が多くなります。
人に対して「自分はこんなに凄いんだ!」みたいな気持ちになってるんでしょうね。
その結果「アイツは◯◯だからダメ」「コイツは◇◇だからダメ」みたいな言葉が出てくる。

これは一つの危険信号です。
早めに対処して自分の心をキレイにしておきたいものです。

飲み会で気付けて良かったかもしれない

僕は飲み会が大好きです。みんなで楽しくお酒を飲んでワイワイするのは大好き!そこに音楽なんか流れてたら最高!
なので、自分だけが良ければそれでいいというのは絶対に嫌です。

そして、こういう行動は癖になって飲み会以外のところでも出てくるようになる。
アルコールが入っていない状態でもこういう言葉が出るようになるでしょう。
それは本当に最悪です。ただただ「ネガティブな事言葉を言う人」になってしまいます。

「自分」という人間を作り出しているのって「その人の癖の蓄積」だと思うんです。

嫌な癖はできる限り早めに治したほうが良いなと強く思った最近の飲み会でした。

この記事を書きながら、この本の事を思い出しました。
もう一度読み返そうかな。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。