安里流心理学

殻が破けない時期だと自分でも分かってる。

最近、自分の殻が破れない安里(@asatokei1)
なんかね。全然エンジンが掛からない。

「おりゃー!」って殻を破りたいんだけど、全然力が入らないんですよ・・。

自分との向き合い方を変えてみる

この時期が結構苦しいもので。どうやったら突破できるんだろうと考えるけど、全然答えが出なくて。

だけど、悩めば悩むほど深みにハマる気がするので、無理に答えを見つけようとせず自然体で過ごすようにしています。

こんな時期に僕ができることと言ったら、

  • 部屋の掃除をすること
  • 不要なモノを捨てること
  • いつかやろうと思っていたことを消化すること

なんかをこなして、自分を整えてます。

そして、いつか来るであろうエンジン全開の日に備えている。
それが一番良いと思うし、落ち込んでいる自分を癒すことにもつながっています。

いろんなところに出かけます。

筑波でのイノフェスもそうですが、気分転換も兼ねて色々なところ・普段行けないところに行ってみたりもします。

そうやって、自分に刺激を与えて「おい、自分!これでエンジンかかるかー?」っていう問いかけをしてます。

自然に身を任せてみてる

楽器演奏は脱力が命。演奏がうまい人ほど余計な力が入ってないんですよね。
とても自然体で楽器を演奏している感じがします。

「人間も同じだよなぁ」

と、なんの根拠もないけど、それっぽい仮説を立てつつ、僕も全身の力を抜いて、物事をもっとシンプルに考えてみてます。

自然に身を任せてみる。

余計なことを考えず、自分に素直になって行動しようと心がけてます。

そうすることでより良い答えがきっと見つかる気がしてます。

殻を「バリバリ」と破るんじゃなくて、殻から「スポッ」と抜けるような感じでもいいなぁ。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。