演奏活動

演奏のステージに立つ時の男性衣装って困る。

こんにちわ。最近、アクセサリー作りをしてます安里(@asatokei1)です。

かれこれ10年以上も演奏のステージに立っています。

そこで困るのがステージ衣装。
オーケストラでは燕尾服やタキシード・ブラックスーツと決まっていますが(男性の場合)、スティールパンの場合は特に決まった衣装はありません。
場所や雰囲気に合わせて衣装を選ぶのですが「いつもより派手な衣装で」とか「キラキラした装飾をつけて」など言われることがあるんです。

そう言われることに文句はありません。確かに、派手な方がいいな!と思いますから。

しかし僕の場合、「男性用の派手な装飾品(アクセサリー)って、何?どこに売ってるの?」
となって、いつも困っていたんですよ。

結局、女性メンバーが持ってる(ユニセックスで使える)アクセサリーを借りたりしてその場を凌いで来ました。

しかし、これはなんとかしないと。結局ステージに立つのは自分です。借り物のアクセサリーをつけていると、違和感があるんですよね。客席から「あのアクセサリー、つけ慣れてないな・・・」っていう感じが手に取るように分かるんですよね・・。

というわけで、最近は自分でアクセサリーを作るようになりました。妻の影響も大きいですが。

男性用のアクセサリーって偏ってるよね?!

こんな感じ。
誤解が無いように補足すると、「アクセサリーをつけてね」と注文されることに困っているんじゃない。男性用アクセサリーってどこに行けば手に入るの?ということが分からないから困っているんです。

例えば。

「男性 アクセサリー」とamazonで検索してみます。

そこに出てくるのは、

こんな感じでしょうか。

なーんか違うんですよねぇ・・・。

このアクセサリーを否定しているわけでは無いんですよ。

ただ単に「僕にはピンとこない」というだけです。amazonの男性用アクセサリーって偏りがあるよ・・・。

(まぁ、アクセサリーをamazonで探すのが悪いという声が聞こえてきそうですが・・・)

で、アクサセリーを作ってみるという実験

探しても自分に合うアクセサリーがないのなら、いっそのこと作ってしまえ。というわけで作っている次第です。
やっぱり自分にぴったり合ったものが良いに決まってますから。
自分で作ったペンケース、今も大切に使っていますよ。

ツイッターでもアクセサリー作りにハマっている連絡を頂きました。

で、作ったアクセサリーがこんな感じ。

作り始めたら結構簡単に作れますね。材料を選ぶ方が難しいかも。

こんな感じで合わせると良いらしいです。

まずはステージで映えるようにキラキラしたパーツを使いました。

今度は普段でも使いやすい素材のブレスレットを作りたいなー。

普段からアクセサリーをつける習慣を身につける。

そもそも、アクセサリーをつけ慣れてないのも問題なわけです。
普段からつけ慣れることが重要。つけ慣れてきたら自分に似合うアクセサリーも分かってくるはず。

借り物のアクセサリーをつけているとステージ上ではバレますからね。

その人がどういう生き方をしてきたのか、モロに出ますから。

音楽を成長させるということは自分自身を成長させること。
これは大学卒業の時に先生から言われた言葉です。

アクセサリーをもっと好きなろう。

楽しく優しくかっこよく

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。