スティールパン

100PANの曲を暗譜すること・演奏することって難しいですよね。でも、その先に待っているのは普段の生活では絶対に味わえない最高の瞬間。

関東・関西ともに100PAN初回の練習が終わりました。
練習に参加した皆様、本当にお疲れ様でした。

個人練習では分からない「周りの人の状況」が見えてきたのではないでしょうか。
それによって「やばい。みんな上手いなあ」とか「ついていけそうだな」とか、思ったことがいろいろとあると思います。

時間はまだたくさんあります。皆さん引き続き頑張っていきましょう。

もし、残念ながら「参加してみたものの、全然弾けないし今回はパスしようかな」と思っている人。

ちょっと待って下さい。僕の話を少しだけ聞いてください。

abstract-354447_1280

確かに難しい曲だと思う。だけど、コツコツやっていけば必ず上手く弾けるようになります!

僕が初めてパノラマチューン(PAN EARTHQUAKEのような大曲)を演奏したのは PAN IN A RAGEという曲です。

この曲も難しくて難しくて。

スティールパンを始めて3年目ぐらいだったでしょうか。。。
何度も投げ出しそうになりました。

だけど、必死の思いで頑張りました。
本番ではなんとか演奏し終えまして(間違えた箇所もあるけど。)、その時の達成感はとても大きかったのを今でも覚えています。

たしか、その本番の二日後に教育実習が始まって、もちろんその為の準備なんかしておらず、散々な教育実習になりました。今では良い思い出です(笑)

パノラマチューンは本当に難しい。だけど、難しい曲を大人数で演奏することに大きな魅力が隠れているんです。
こんなにリズムに飲み込まれ音楽はなかなかありませんよ。大人数がこの難しい曲を演奏するからこそ生まれるリズムであり、それがウネりとなります。
これを体験せずに辞めてしまうのは本当にもったいない。

大変なのは「暗譜するまで」です。
暗譜してしまえば(身体に入ってしまえば)あとは勝手に身体が動きます。
そうなった時、初めてリズムのウネりを感じる事ができます。

皆さんもどうかコツコツと練習を続けて欲しい。
諦めたくなる気持ちも分かります。でも、もうちょっと、もうちょっと頑張ってみませんか?

コツコツと練習を重ねれば絶対に覚えられます。
絶対です。

パノラマチューンを初めて演奏する人にとってみると、それはそれは険しい道のりに感じます。

だけど!!!!

皆さんにその険しい道のりを超えてきて欲しいんです。

皆さんで一緒に楽しさを共有しましょう!あの「ウネり」を体感しましょう!!

日常では決して味わえない世界が広がっていますよ。

一人でも多くの方とKOBE100PANに参加して、みんなで最高の演奏を創り上げましょう!!

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。