クラブ

リアニを振り返る。-saqwzさんのリミックスに痺れました-

昨日に引き続き、リアニの話題。

なぜだろう、野外より色んな人と話が出来て良かった。
多分会場が暗いから。
屋内だとそういう効果もあるよね。いや~、テンション上がったなぁ。
暗闇というのは人のテンションを上げる。>再確認

昨日のブログではDJ SHIMAMURAさんを紹介しましたが、「アツイDJ」さんが他にもいますので紹介します。
初めて拝見させていただきました、saqwzさんです。


saqwzさん

・原曲を大事にするリミックス

saqwzがかけた曲はほとんどリミックス系。自身のリミックスなんでしょうね、個人的には大ヒット。

saqwzさんの曲はサウンドクラウドにアップされているようです。しかも、ほとんどの曲がダウンロード可能になってます。
share&free精神ですね。僕も拝聴させていただきたいと思います。
saqwzさんのリミックスは「原曲を基準にしながらフロアが躍りやすいように少しだけ音を足したり、変化させている」と感じました。
原曲を生かしながらリミックスするって実は難しそう。クラブサウンドって味が濃いから一ついれるとそれに合わせるように全体的に濃くしないといけない気がする。
(いや、リミックスなんてしたことないから、完全に「想像」です。)

・個人的に思う「良いリミックスとは」

結局、フロアが踊りやすいような音楽にするべき。
しかし、アニソンの場合は「その曲独自のノリ(振り付け)」があるから、曲の構成を大きく変えちゃうリミックスはあんまり好きじゃない。
原曲の感じが残り、ちょっとだけクラブアレンジされてるのが良いんだよな。
その方がその場にいる大勢の人が楽しめるから。パーティだしさ。

ただ、これはアニソンの「原曲」好きの人の意見。
「リミックス」好きの人はゴリゴリにリミックスされたのが好きだというでしょうね。
この辺の好みが沢山あるからDJは悩むし、また色々なジャンルのDJがいるんでしょう。

saqwzさんは僕の好みにヒットしました。
なんというか、自分好みのラーメン屋が見つかった、みたいな感じ。

これでまたイベントに行く楽しみが増えました。
saqwzさん、是非関東でも回してくださいね!チェックしながら楽しみに待っています!

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。