国内旅行

初めての車中泊。自分的に注意点を振り返る。

とある仕事で茨城県と栃木県に行くことになりました。
男性の先輩と2人で行ったのですが、計画を立てる段階から「宿泊はテントを張るか車中泊で」ということになっていたので
「今回は車中泊でお願いしますm(_ _)m」とこちらから申し出ました。

僕はアウトドア経験が少ないので今回はハードルの低い「車中泊」にしてもらったわけですが、それでもかなりドキドキでしたよ。
寝袋も2つ持って行って厚手のコートも持って行ってヒートテックも上下に着て臨みました。

意外と大丈夫でした。

車中泊いいですね!
自分なりのアイディアで「いかに快適に過ごすか」を問われますのでとても燃えます。

こんなに寒い時期でも寝袋を2つ使えばかなり暖かいということが結構驚き。
まぁ、車の中ですのでテントよりは暖かいはず。今回のところはこれで勘弁していただきました。

6ベースを運ぶために買った車(NV200)でしたが、まさかこんな使い方をする日が来るとは。しかし癖になりそうです。

・車中泊で気をつけることは

車中泊を終えた朝

今回の車中泊で自分なりに感じた失敗例や改善点をリストアップしてみます。

  • 使う寝袋を事前に使っておいた方が良い
  • しっかりと足を伸ばせるスペースを確保する
  • 顔面が寒いので対策を
  • 厚手のコートが役に立った

こんな感じです。

この時期はとにかく寒さ対策をしっかりすることです。
今回、2つの寝袋のうち一つは直前にリサイクルショップで購入したものでもう一つは借りたものを使ったのですが、これを事前に使っておかなかったのが大問題。
使い方に慣れてなくてかなり手こずりました。
顔面が寒かったのもこれのせいです。寝袋のフードの部分を活用できなかったんです。
寝袋に限らず自分で使うものは事前に自分で確認する。基本的なことですね・・・。

意外だったのが厚手のコートが使える!ということです。
いわゆるベンチコートを着て寝たんですがかなり暖かい。(僕は)動きにくいこともありませんでした。

状況をまとめると、

インナーにヒートテック上下。
普通の洋服
ベンチコート
寝袋×2
という状態で寝ました。yahoo!によれば宿泊地の気温はマイナス2°だったらしいので参考にしてください。
ただ、顔面が寒かったです。
寝袋でも顔面まではカバーできないし、一体どうすればいいんだよ?!と思いましたがこんな商品がありました。

フェイスマスク。

そうか、これ被ればよかったんだ・・。というこんなものが世の中にはあったんだ・・・。

とても勉強になりました。普通にホテルに泊まっていたらこんな気づきはありませんでした。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。