楽しく優しくかっこよく

スティールパン奏者・ブロガー 安里圭一郎公式ウェブサイト

*

スティールパン作りとベースチューニングについてアレコレ聞いてみた。サスティーンはチューニングで調整可能。ただし・・。

      2017/07/04

トリニダードの主要ラージバンドのベースを弾き比べてみました。

そこで分かったのは、ラージバンドのベースは、そのほとんどがブッチさんが作っているということ。
そして、同じブッチさんが作っているのにバンドによって全然音色が違うということ。

このあたりのことを日本に毎年チューニングに来てくれるマリオさんに質問してみた。

サバンナパークに無造作に置いてあったベースパン
スポンサーリンク

ベースパンのチューニングについて

僕のツイッターアカウントで、随時つぶやいていました。

*↑これ補足が必要です。サスティーンの短いベースをチューニングによって長くすることは比較的簡単。

サスティーンの長いベースを短くすることは困難。ただし、そのベースを使い込んでいくとサスティーンを変えるのは(短いのを長くするのも)困難になるそうです。

こんな感じですね。かなり意外でした。

僕の予想ではバンドごとに違うチューナーを選んでいて、その結果「音色やサスティーンが違う」のかと思っていましたがそうではありませんでした。

驚きの結果。全部がブッチさんが作っていて、それぞれバンドのリクエストに答えているとは。

室内での演奏が多いならサスティーン(余韻)が短いベースが良いって。マリオさんも言ってた。

これなんですよ。ぶっちゃけた話、これを解決したくてトリニダードに来たようなものです。同じスティールパンでも日本とトリニダードで演奏環境が全然違う。野外で演奏するのと屋内で演奏するのは全然違うわけです。

野外で演奏するならどれだけサスティーンが長くても籠らないけど、屋内になった途端にモヤモヤして音が溶けちゃう。特にコンサートホールと学校の体育館みたいな響く場所。僕もホールの客席で聞かせてもらって痛感しました。ベースが溶けてなくなっちゃうんです。

こんなことを解決できるベースが欲しいんです。そういうことを叶えてくれるチューナーを探しに来たんです・・。

こんなことを森本さんに話し、通訳してくれと言った直後(通訳を聞く前に)マリオさんが「屋内の演奏が多いんだろ?!だったらサスティーンは短くした方が良い。それはできる。」みたいな返事をくれました。

トリニダードのバンドも直面する問題なんでしょう。

でもさすが、チューナーは対処法を知っているんですね。

こういうことを聞きたくて今回の旅があるんです。
とても大きな収穫でした。

エクソダスのアンソニーさんが言ってた「スティールパン作りで大切なこと」

スティールパンを作る工程って、たくさんあるんですよね。僕はあまり詳しくないのですが、

  • ドラム缶を調達して(どんなドラム缶を調達するか)
  • まずはドラム缶を滑らかに凹ませていく(シンキング)
  • ドラム缶を磨いて
  • 火にかけて
  • ペンで蜘蛛の巣みたいに線を描いて
  • 各音の大きさにマルを描いて
  • そのマルの周りを突いて(グルーヴィング)
  • チューニングして
  • クロームメッキ加工の業者に出して、
  • またチューニングして

*以上はスティールパン作り全般の作業工程。
例えば、ベースパンならクロームメッキをほとんどしません。あくまで「一例」です。

超ザックリと書きましたし、多分間違っています。(すみません。分かりません。)

つまり僕が言いたいことは「スティールパン作りはめちゃくちゃ工程が多い」ということ。

そして、それらの工程全てがとても難しい。今のチューナーをそれを分担しているとのことです。
チームで一つのスティールパンを作っている感じでしょうか。

しかし、アンソニーさん曰く
「ハーマン・ガッピーさんやブッチさんはそれらを一人で行なっていたから音が良いんだ」と。

人はそれぞれクセがある。違う人が集まって一つの楽器を作るとやっぱり「何か違う」

スティールパンは本来「一人で作るもの」と言っていました。

そういう「スティールパン作りの裏側」まで教えてくださいました。

だんだん「良いスティールパン」というのが分かってきた。

色々な人にスティールパンのことを聞くにつれてだんだんと「良いスティールパン」というものが分かって来ました。

サスティーンの長さはチューナーが変えられることはわかった。そして、ブッチさんがベース作りのスペシャリストだということも確信できた。そうなってくると、ブッチさんのことをもっとよく知りたいと思いまして。
森本さんが昔からお世話になっているというネストールさん(パンベリのリーダー?)のお話を聞くことにしました。
ネストールさんはブッチさんと付き合いが長く、よく知っているそうです。

・・・
すぐにブッチさんとお会いしてお話を聞けばよかったのですが、なかなか電話に出てくれなかったんです・・。森本さんもネストールさんも、ブッチさんの電話番号を知っていて、何度も掛けてくれたのですが、電話に出てくれず。。
「本当に会えるの?!」とヒヤヒヤしつつ、今回のトリニ武者修行は続きました・・・。

 - トリニダード・トバゴ武者修行日記2017

楽しく優しくこの記事をシェア

スポンサーリンク

ブログ内埋め込み用【記事下・ダブルレクタングル】

ブログ内埋め込み用【記事下・ダブルレクタングル】


安里からのお知らせ

安里ってこんな人です。「安里圭一郎のプロフィール」

超厳選!安里が選ぶ「自分らしくいる為の道具達」

色々な人のトリニダード滞在記をまとめました。


楽しく優しく安里をフォローして更新をチェック!



  関連記事

僕の知らないスティールパンに出会いに行く旅。トリニダードとアメリカ=ピッツバーグへ行って来ます。

3月12日のピフレコンサートが終わってから、3月13日の早朝に関空を出発し、3月 …

ネストールさん「ブッチのベースパンは倍音が完璧だ。」

トリニダード主要ラージバンドのベースパンを弾き比べ。 スティールパン作りとベース …

エリーマネットさんのスティールパンこそが「癒しの楽器:スティールパン」の代名詞。

ドタバタだったトリニダードの旅を終え、そのままアメリカのピッツバーグへ。 今回の …

トリニダードでエンジンルームの楽器を買ったからお店を紹介。サイモンとセレクションハウス。

エンジンルーム これも日本のスティールバンドに足りないエッセンスですよねぇ。 ス …

トリニダード主要ラージバンドのベースパンを弾き比べ。

2017年、トリニダードの旅の目的の一つ、「スティールバンドのベースを弾き比べて …

トリニダード帰国後に気づいたこと「楽器を変えても腕を磨かなければ良い音は出ない」

自分の新しいパートナーになる楽器を探しに日本の裏側トリニダード・トバゴまで行って …

トリニダード武者修行2017は史上一番大変だった・・・。

今回のトリニダード武者修行。かなりプレッシャーのかかる旅でした。 だって、自分が …

ついに!スティールパン界で重要なチューナーの一人:ブッチさんにお会いできました。

トリニダード主要ラージバンドのベースパンを弾き比べ。 スティールパン作りとベース …

トリニダードでシティカードやクレジットカードを使ってお金を引き出す時の注意点。

今回のトリニダード武者修行はお金に関してトラブルが続きました。 過去二回の武者修 …