楽しく優しくかっこよく

スティールパン奏者・ブロガー 安里圭一郎公式ウェブサイト

*

トリニダード・トバゴ武者修行の旅〜32日目〜

この日の朝、僕とちはや先輩とゆうこさんとでパントリンバゴへ向かった。
(パントリンバゴとはパノラマを仕切る運営委員会みたいなもの。)
外国人プレイヤーはパントリンバゴへ申請書を提出しないとパノラマに参加出来ないらしい・・・という噂が流れているのだ。
そう、噂なのだ。
非常に曖昧な噂だがもし明日のファイナルに参加出来なかったら意味が無い。
100US$かかるらしいがしょうがないと思いながらパントリンバゴの待ちあい室で待っていた。
待つこと10分「来週の水曜日にまた来てくれ」とのこと。
ファイナルは明日。わけが分からない。
まぁ、「噂は噂だった」ということだろうか・・・?
結局何もしないままパントリンバゴを後にしなるを先輩と合流した後昼食。

スポンサードリンク

自分一人でトリニダードを歩く。自分が強くなれたことを実感した。

そしていよいよサンフェルナンドへ。
うおー!ドキドキする~。
シティゲート付近のタクシー乗り場でサンフェルナンド行きを探す。
すぐに見つかって乗り込む。いよいよ始まる~!
タクシーには見知らぬ外国人。
サンフェルナンドがどういう場所かも分からない。
ただアンディ・ナレルの曲名だから行きたいというだけ。
自分から人に聞いたり、発言しないと絶対にたどりつけない。
英語もろくに出来ないけど、なぜだか行けると思った。
多分、自分の英語力でも道を聞いたり、タクシーに乗ったり出来る、
問題なのは「自分からやるか、やらないのか」という事なのだ。
僕にとってはそれが一番難しいのだ。でもこの機会にそれを克服しよう。
ここで克服しなかったら次はいつになるか分からないから。
タクシーに乗ること約40分サンフェルナンドに到着。運転主さんにコーヒーストリートの場所を聞いて向かってみる。5分もしないうちに到着した。

ほらね、やれば出来るんだよ。

なんとなく難しいな~と思っている事でもやってみると意外と簡単な事ってある。いや、実はそういう事って多いんじゃないか?
それによって今までどれだけ損してきたんだろう?
これに気づきたくてコーヒーストリートに来たのだ。

実は、コーヒーストリートは何もないただの通りなのだ。
ただ車が走っているだけ。
特徴的なお店があるわけでも無いし特別キレイなわけでもない。
その事は知っていた。
ただコーヒーストリートを歩く僕は、とてつもない充実感に包まれていた。

本当に良かった・・・・。一人で来て良かった・・・・・。

変な銅像も写真に収め、ストリートの最終地点で腰を降ろし休憩。

帰り道もひたすら写真を撮りながら歩いた。
今日の事を絶対に忘れないように。

帰りのタクシーの中で僕はいままでの自分を振り返っていた。
普段はこんなことあんまり考えないのに。
海外旅行ってこんな効果があるんだな~。
初めて知ったよ。
とにかく一人でサンフェルナンドに行きコーヒーストリートを通った。

大成功だ。

家に帰って練習の用意。
今日が最後の練習だ、気合が入る。
合奏が始まったかと思うといきなり新しいイントロが追加。
前日でもお構いなしか。
みんなも必死にそれをさらう。
練習が終わったのは25:00頃だったか。
そこから明日の衣装が配られた。
僕の名前もちゃんと呼ばれて無事にファイナルに出れそうだ。
良かった。頑張ったかいがあった・・・。
その後ミーティングをして帰ったのは28:00(朝方4:00)頃。
ソカモナークは見れなかった。

いよいよ明日、パノラマファイナルだ。

トリニダード・トバゴ武者修行の旅〜33日目へ>>>〜
スポンサードリンク

公開日: