トリニダード・トバゴ武者修行日記2013

トリニダード・トバゴ武者修行日記2013〜13日目〜

2月6日
今日からサバンナ近くの空き地に練習場所を移動しファイナルに備える。
サウスに住んでいるバンドメンバーは大型バスに乗ってやってくるという。
トリニダードは町中に「空き地」がある。そこは使っていいらしい。
勝手に使っているのか許可をとっているのかは知らないが送電線から勝手に電線を引いてその電気で録音したりしていたので「グレーゾーン」という感じで許されてしまうのだろう。

torinidadtobago2013-steelpan-128

さて、今回はスキッフルの練習に慣れてきたところで2011年に参加したシルバースターズと今年(2013年)参加しているスキッフルとを比較したいと思う。

二つのバンドに入って分かったことは練習の時間帯・進め方・雰囲気・演奏の重点などそれぞれ違うということ。
いや、違うとは思っていたけどここまで違うとは思わなかった。気になった事をリストアップすると

シルバースターズとスキッフルの違い。〜バンドによって練習内容が全然違う!〜

  • 練習時間
    シルバースターズは大体19:00ぐらいから0:00まで。若いエネルギーで体育会系と言った感じか。
    スキッフルは20:00~23:30まで。スキッフルの練習は「もう終わり?」という印象。もうちょっと練習したくなる。
  • 練習の進め方
    シルバースターズはとにかく1曲を通して体に馴染ませていく感じ。ひたすら通す。
    スキッフルは場面ごとに切って練習していく感じ。だが、スキッフルはプレイヤーの集まりが悪いのでなかなか始まらない。リーダーが「練習始めるよー」と言ってもおしゃべりしている。掛け声が掛って10分ぐらいしてようやく動きだす感じ。
  • 練習の雰囲気
    シルバースターズは前述のとおり、若くて体育会系
    スキッフルは町内会の集まりといった感じで全体的にゆるーく楽しんでいる感じ。
    どちらのバンドもメンバー同士仲が良くてとてもフレンドリーな空気には変わりない。

どちらもとても素敵なバンドなのでヤードに行ってその空気を体感してほしい。

それでは今日の練習のこと
無事に練習場を移動して、自分の楽器も異常なし。
いよいよファイナルに向けてバリバリ練習か、と思いきや相変わらずのマイペース。
この時期になってもスキッフルの練習時間は短いので記事として取り上げるのが難しい。
待っていたイメージしか残っていない・・・。
それがこのバンドの良さということか。

トリニダード・トバゴ武者修行日記2013〜14日目へ〜>>>〜

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。スティールパンを演奏・指導しています。