ファッション

僕ら夫婦のルール「素敵でなければならない」

外苑前のHANZEL&GRETEL

タイトルである「素敵でなければならない」は、僕ら夫婦が結婚する前に約束したこと。
僕達夫婦の「行動の軸」となっています。

僕達夫婦を簡単に説明すると、

夫(筆者)はスティールパンという楽器を演奏・指導する音楽家で、神奈川で活動していましたが、2017年11月ごろに神戸に移住。その後もスティールパンの演奏と指導活動をしています。洋服に関しては全く知識なし。

妻は、もともとセレクトショップの販売員をしていて洋服には詳しい。レディースはもちろん、メンズ服も好きで「洋服そのものが好き」なんだそう。特にニットが大好き。

僕ら夫婦、顔が濃いんですよ。

僕は「外国の人?」とか「ハーフ?」とか言われます。

ハッキリ言って「自分の顔が濃いことはコンプレックスでした。」
小中高校生ぐらいの時期はイジられるのが嫌でしたね。

大学生になるとイジられることも少なくなりましたが、次に問題になったことが「顔が濃い自分に合う洋服(ファッション)が見つからない」ということでした。

当時、コンビニに売っているファッション雑誌を読んで、ブランドやお店をチェックして、着たり、買ったりしたんですが、全然良い感じにならないんですよ。

それ以降、僕はファッションに関して興味を持たなくなりました。「まぁ着れれば良いか」という感じ。20代はそんな気持ちで洋服を着ていました。

このことを妻にを話すと「読んだ雑誌が合っていない」と言われました。当時、僕が読んでいた雑誌はMEN’S NON-NOとかMen’sJOKERとかSENSEとか。

そもそも「ハーフですか?」って聞かれるぐらい外国人顔なのに「日本人向けに発行されている雑誌が合うわけがない」とズバッと言われました。

妻との出会いが僕のファッションセンスを変えた

その後、妻と出会い、いきなりプレゼントをもらいました。カットソー生地のカーディガン。付き合う前の話です。

「こんなに高級そうな洋服はもらえない」と言いましたが「別に特別高価なものではない」とのこと。

あとから聞いたら「当時のファッションセンスが悪すぎて、イライラしていた」と言われました・・・。

そのカーディガンは僕にはピッタリとハマっていて、ファッション全体の印象が変わった気がしました。

交際がスタート。洋服屋巡りの日々

こんなことがありつつ交際がスタート。妻先生の講義を交えつつ洋服屋巡りが多くなりました。

妻は自分の洋服だけではなく「洋服そのもの」が好きなんだそう。僕よりもメンズ服に詳しかったです。(元アパレル店員だから当然といえば当然だけど)
なので僕も、洋服屋に行った時はメンズ服もレディース服も見るようにしました。

  • 洋服は高価であれば良いわけではない、その人に合っていることが一番重要。
  • 雑誌で見るだけではなく、実際にお店に行き、洋服を見て、触ってみて、実際に試着しないと分からない。
  • その繰り返しで分かってくる。どんなブランドが合うか。どんな色が合うか。どんなサイズが合うか。そういう洋服が揃うお店はどこか。
  • 素材にも注意が必要。綿・ポリエステル・ウールなど。レザーの場合、本革なのか・合皮なのか。例えば、スエード素材のものはメンテナンスしないとすぐに劣化させてしまうから注意。

こんなことを言われつつ、とにかく色々なお店に行きました。

そして、僕たち夫婦のファションセンスに衝撃を与えたお店に出会います。

HANZEL&GRETELとマリオさん

外苑前のHANZEL&GRETEL

外苑前にあるHANZEL&GRETELというお店。

妻がインスタグラムで見つけたお店でした。早速行ってみることに。

HANZEL&GRETELのオーナーの名前はマリオさん。芸能人のコーディネートも担当するような超すごい人でした。(後から分かりました。)

初めて入るHANZEL&GRETELにドキドキしつつ、だけどマリオさんはフレンドリーに接してくれました。

マリオさんは情熱的に、そして真剣に、僕らに合うコーディネートを考えてくれました。
特に僕に対してはファッションに対して初歩の初歩から教えてくれました。
確か、14:00ごろにお店に入り、出たのが18:00ごろ。その間、お店に置いてあるありとあらゆる洋服を試着させてくれました。

本当に衝撃を受けました。試着するたびに自分が別人のようになるんですよ。
洋服一つでこんなに変われるんだ。って感動しました。

そして、試着が終わってさっきまで着ていた自分の洋服に戻した時、さらに衝撃を受けるんです。

「数時間前まで、こんな子供っぽい洋服を着ていたの・・・??」

この日、僕は心の底から大好きになれるお店と、洋服のブランドに出会いました。

HANZEL&GRETELというお店と、取り扱っているブランドDRYKORN FOR BEAUTIFUL PEOPLEとlagerfeldです。

これが妻の言っていた「自分の好きなお店とブランドが分かる」ということなんだと実感しました。

この日、僕が抱いていた「顔が濃い」というコンプレックスがなくなりました。

もちろん、マリオさんが選んでくれた洋服が良かったのは言うまでもありませんが、
顔が濃いということは簡単に「大人っぽくなれる」ということだと気付きました。

結局、妻が言っていたように自分に合う洋服を着るということで解決しました。
自分に合う洋服を選ぶことで、自分に自信が持てるし、むしろ濃い顔で良かったと思えるようになりました。

加えて僕が思うのは

「自分の足でお店を探し続けて似合う洋服に出会えた。」という行動自体が重要だった。それが自信に繋がって、より一層自分を輝かせるんだと確信しました。

ファッションが楽しくなりました。

この日の出来事から僕はファッションが大好きになり「もっとファッションセンスを磨きたい!」と思いました。

僕はそもそも探し方を間違えていたんですね。日本のファッション雑誌に載っている洋服は日本ブランドのもの。僕に似合っていたのは海外ブランドの洋服でした。(DRYKORNはドイツのブランド)

DRYKORNなんて、今まで読んだ雑誌には載っていません。妻も知らなかったと言っています。
ちなみにDRYKORNを公式に取り扱っている日本のお店は2店舗のみ(2019年1月10日現在)

DRYKORNの公式店舗は日本に2つ

日本の雑誌に載ってないわけです・・・。

それからはDRYKORNやlagerfeldはもちろん、それ以外の海外のファッションブランドもチェックするようにしています。
妻から勧められてYOOXというアプリを使い始めました。海外ブランドの洋服を格安で購入できる通販アプリです(zozo townみたいなものです。)
神戸在住の僕にとって、東京にあるHANZEL&GRETELは頻繁に通えるお店ではありません。せめてネット上の情報だけでもキャッチしたいのでYOOXを使っています。

YOOX-ユークス
YOOXとは海外ブランドのアウトレットショップ【読み方はユークス】yooxについての情報が知りたいですか。yooxは海外ブランドの洋服をセール価格で買うことができるファッションECサイトです。yooxの特徴や注意点を解説していますので、知りたい方はこちらのページへ。...

もしこの記事を読んで興味を持ったら是非HANZEL&GRETELに行ってみて下さい。きっとマリオさんが丁寧に教えてくれると思います。マリオさんは国内外問わず飛び回っていて、いつもお店にいるとは限りません。事前に電話で確認すると良いと思います。

OPEN
PM12:00~PM8:00(不定休)
ADDRESS〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-31-20
TEL / FAX03.6434.9990
原宿駅から徒歩約10分 外苑前駅から徒歩約10分

HANZEL&GRETELより引用

これからも自分たちに合うファッションを追求して行きます。

ファッションは一生付き合っていくものですね。
年齢が上がると共に似合う洋服も変わって来ますし、トレンドも変わってきます。

HANZEL&GRETELに行った時、勇気を出してお店に入って本当に良かった。
その前に、妻がインスタでお店を見つけくれたことに感謝。

これからも色々なファッションにチャレンジして自分なりのオシャレを追求していきたいと思います。

もしコンプレックスに囚われてファッションを楽しめないなら

僕の場合はHANZEL&GRETELというお店、マリオさんという素晴らしい方に出会えたからコンプレックスを克服することができました。

神戸に移住した今でも、年に2度くらいのペースでHANZEL&GRETELに行って洋服を買っています。マリオさんのコーディネートには心の底から信頼しています。

繰り返しになりますが、ファッションに悩んでいる方は一度HANZEL&GRETELに行ってみることをオススメします。
メンズ服が多いですが、レディース服もあるので男女ともにオススメ。
しかも、マリオさんはパーソナルショッピングもしてくれます。マリオさんが他店であっても一緒に洋服を選んでくれるものです。

 

View this post on Instagram

 

スタイリングはエクササイズ!頑張り加減で成果は確実に違います!残念ながら、若い頃から時が止まっているであろうファッションを続けている方が多く、スタイルも10代20代の頃からあまり変化はない状態となっています。成功している方々は自分を磨く努力を重ね続ける中で輝く自分を作り上げているのです!Working on your style is like exercising. More you exercise better you look. Unfortunately too many men not only stop exercise fairly young but also stop evolving in terms of personal style. That’s why you see so many grown men out there dressed like teenagers. Personally have never met successful man who stopped learning or evolving in any stage of his life!! DUCTUS EXEMPLO!! HANZEL&GRETEL 東京都渋谷区神宮前3-31-20 03.6434.9990 www.hanzelandgretel.jp #fashion #style #design #stylist #мода #ファッション #dandy #cool #luxury #moderngentleman #sexy #модный #ファッション #suitandtie #おしゃれさんと繋がりたい #メンズファッション #sprezzatura #dapper #стиль #menswear #fashionista #classyman #mensfashion #fashionblogger #streetstyle #sartorial #fitness #boss #hanzelandgreteljp #guyswithstyle

Marioさん(@hanzelandgreteljp)がシェアした投稿 –

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。