ファッション

ガラスビーズとボタンを買いにチェコのヤブロネツ・ナド・ニソウへ。

ガラスビーズとボタンを買いにチェコのヤブロネツ・ナド・ニソウへ。

妻は昔からアクセサリーを作るのが趣味でして。

妻の作品の特徴は、チェコガラスボタンやチェコビーズを使っているところです。

僕としても、妻がアクセサリー作りに没頭するのは素敵なことだと思い「そんなに好きなら実際にチェコへ行ってみない?」
と提案。チェコ行きが決まりました。

この記事では2018年の8月、実際にチェコへ行きビーズショップを回った時のことを紹介します。

これからチェコでビーズを買おうと思っている人がいたらぜひこの記事をチェックしてください。

この記事で分かること
  • チェコビーズの専門店はヤブロネツ・ナド・ニソウに集中している。
  • ヤブロネツ・ナド・ニソウへの行き方
  • ヤブロネツ・ナド・ニソウで実際に回ったビーズショップ

2019年7月現在、自分で作ったアクセサリーをminneで販売するまでになりました。

妻がミンネでハンドメイドのアクセサリーショップをオープン!妻がminne(ミンネ)を使ってアクセサリーショップを開店しました。主にチェコビーズやガラスボタンを使用したアクセサリーを制作しています。...

この記事で紹介したように、大量にチェコビーズを買い込んだ結果、多くの作品を作ることができました。

やはり、素材を仕入れるなら現地に行くのが一番良いですね。

素材が安く大量に仕入れられるのはもちろんですが、その土地の空気感に触れることも大きなメリットです。

結果として作品のクオリティにも良い影響を与えていると思っています。

ガラスビーズとボタンを買いにチェコのヤブロネツ・ナド・ニソウへ。

チェコはガラスビーズやガラスボタンが有名です。

詳しく言うと、チェコのヤブロネツ・ナド・ニソウと言う地域にビーズショップが集中しています。チェコの中心地プラハから高速バスで1時間ほどです。

↓こちらの記事がなければ、僕らはヤブロネツ・ナド・ニソウに行くことはできませんでした。。本当に感謝致します。

実際にヤブロネツ・ナド・ニソウへ行かれる人は、上記ページも熟読することをオススメします。

ヤブロネツ・ナド・ニソウへの行き方

  1. メトロB線の終点チェルニー・モスト(Černý Most)まで行きます。(プラハから電車一本で行けます。)
  2. チェルニー・モストを出るとバスロータリーがあります。7番のバス乗り場へ。(2018年現在の情報)
  3. 混むので予約した方が良いです。

プラハからチェルニー・モストまではメトロB線が便利です。以下、地図を載せておきます。

バスの予約はこちらから↓

僕らはバスの予約をしていたので、バスに乗ることができました。

予約の際、座席まで指定するのですが、座席に向かうと既に座席に人が座っていました。

バスの予約をしている人としていない人が混在している様子。

バスのドライバーも座席のチェックもしていません。

チェコの言葉に慣れていない僕らは、その座席をどいてもらうように話すことができませんでした。(夫婦でバラバラの席に座ることになりました。)

もし不安な場合は、予約をしつつ、早めにバスに乗ることをオススメします。

曖昧な情報で申し訳ないのですが、バスチケットは出発の数週間前までプリントアウトできなかったと記憶しています。

予約時も注意が必要で時期が早すぎると予約できません。僕が予約したのは、確か1ヶ月前くらいだった気がします。

実際にPDFでダウンロードしたチケットは以下のようになります。

ヤブロネツ・ナド・ニソウへのバスチケットバスチケットの様子。

バスに乗れれば1時間ほどで到着します。

景色を楽しむのも良し。寝るのもよし。

目的地は終点なので寝てても大丈夫です。

ヤブロネツ・ナド・ニソウに着いたらこんな景色が広がっています。

ヤブロネツ・ナド・ニソウのバスロータリー

ビーズショップを周ります。

基本的にはこちらに紹介されているビーズショップを回って行きます。

http://www.praguelife.site/archives/5870010.htmlより引用

僕ら夫婦で行ったルートは以下です(数字は地図の番号と一致しています)

  • ①バス停
  • ②Bijoux nonstop, Ltd.
  • ⑨House of Beads
  • ⑤Beadstore CZ s.r.o.
  • ⑧Arcon Bijoux
  • ⑦Bijoux Components Ltd.
  • ③Glass And Jewelry Museum

⑥Czech beadsというお店が見つけられませんでした。。

土日はビーズショップが閉まっていることが多いです。

ヤブロネツ・ナド・ニソウに行くなら平日が良いので旅行の計画を立てる段階から考慮しておく必要があります。

ヤブロネツ・ナド・ニソウでの様子と買ったビーズ

ヤブロネツ・ナド・ニソウで買ったビーズを家に帰って並べました。
総額4〜5万円です。(以下の写真には一部ヤブロネツ・ナド・ニソウ以外で買った素材も入っています。)

ヤブロネツ・ナド・ニソウで買ったビーズなど

ヤブロネツ・ナド・ニソウのビーズショップを周っている中で撮った写真を並べておきます。

ほとんどのビーズショップはクレジットカードOKでした。

ヤブロネツ・ナド・ニソウのビーズショップは、ほぼ全てクレジットカードOKでしたヤブロネツ・ナド・ニソウのビーズショップは、ほぼ全てクレジットカードOKでした

僕が使っているクレジットカードはVISAで、ヤブロネツ・ナド・ニソウでの買い物は全く困りませんでした。

ヤブロネツ・ナド・ニソウのビーズショップを巡ったことで、一つ成長できました。

チェコのビーズが欲しいだけなら、日本でも売っているんですよ。無理してチェコまで行かなくても良いんです。

ましてや、チェコの中心地からバスで1時間もかかるところまで行く必要なんてありません。

ですが、これからチェコビーズを使ったアクセサリーを作る人が、産地に行ってないというのは寂しいなぁと思ったんです。
やはり現地には現地の空気が流れていて、たった1日だけでもその空気に触れることで得るものは大きいです。

ビーズの値段の面を考えても現地に来た方が良いですね。

極端な話、日本で販売しているビーズと比べて、ヤブロネツ・ナド・ニソウでは倍の量のビーズが入っていて、値段は半額というケースもあったかと思います。(もしくはもっと安いかも・・・)

あと、量り売りで販売しているお店もあります。妻はこの方式がとても気に入っていました。

上記地図の7Bijoux Components Ltd.が一番気に入ったお店とのことです。

そうなると、大量に買うことができますので、制作の幅も広がります。

まぁ実際は渡航費が掛かるので合計は高いのかもしれませんが、やはり現地に来たことが何よりの収穫でした。

これからヤブロネツ・ナド・ニソウに行かれる人の参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。