ライフハック

気持ちが落ちた時は。


年末はバタバタ忙しいですね。身も心も疲れちゃいます。
このブログではあんまりネガティヴな事を発信しないようにしようと思っていたのですが、僕も悩みの一つや二つあるもんです。
ヘラヘラ笑って演奏しているだけではないんですよ(苦笑)

でも、気持ちが落ちた時の対処法は自分なりに身につけてます。
人それぞれ方法は違うと思いますので「これで気持ちが持ち直せる!」という事を書く気はありません。

今回は気持ちが落ちた中で、とある記事を読んだことで気持ちが落ち着いたので紹介したいと思います。
イケダハヤトさんのihayato.書店というサイトです。

助けを求めてもいいんだ!

苦しいときに助けを求められる人は、強い人です。弱い人は、そもそも「助けて」と言えません
こちらの記事です。

助けを求められないから、辛い状況に陥る

そうなんです。全てはこれが原因なんですよね。
人間なんてミスする生き物だし、全ての事を完璧にできる人なんていないんです。
得意な事があれば不得意な事もある。
だったら得意な人に助けを求めたり、アドバイスをもらった方が100倍良い!
早く問題が解決するし、上手く解決する。

自分の悩みを打ち明けるのが恥ずかしかったりするのですが、

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

ってやつですよね。昔から人は同じ事で悩んで、その解決法まで出ている。ということか。

助けを求めてもいいんだ!というより助けを求めた方がより良い
という感じ。この価値観の変化は僕の気持ちをかなり楽にしてくれました。

というか、普段ならいつも助けを求めているんです。気持ちが落ちると思考が回らなくなってくるんですよ。
そんな時はいつも一人になります。(周りに人が居ると八つ当たりしてしまうから)
そして、ゆっくり自問自答します。「この心理はどこから来てるのか」をじっくり考えます。

答えがでるまで考えます。その期間が長いこともあれば今回のように(ある記事との出会いで)すぐに解決することもあります。

自分の心の動き方って自分でもわからない部分があるんですよね。

今回はイケダハヤトさんの記事に助けてもらいました。本当にありがとうございます!

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。