音楽感受研究室

第14回日本音楽療法学会に参加しました〜一年に一度ガッツリ勉強する場所〜


今年も音楽療法学会学術大会に参加してきます。
毎年参加して、今年で6回目ぐらいでしょうか。
毎年開催場所が違って日本各地に行けるのでそれも楽しみの一つ。

MT

僕が参加した初めての場所は愛媛県松山市。
次が兵庫県神戸市。
富山県富山市。
宮崎県宮崎市。
鳥取県米子市。
そして今年の開催地は名古屋。

去年の「鳥取県米子」での様子はブログ記事に残っていますね。

一年ぐらいブログを続けるとこういう振り返りが出来るのも楽しいですね〜。

さて、今回もガッツリ勉強してきたいと思います。

僕の研究員としての活動はこちらのページにまとめていますので、もしよければご覧ください。

音楽感受研究所の研究員2015年3月をもって音楽感受研究所の研究員を卒業しましたが、僕にとって大きな意味のある研究所でした。 そういったことを忘れない為にも...

JMTA2014-日本音楽療法学会2014記事一覧

音楽療法学会2014~2日目~「音楽療法士のお知り合いが出来ました。」音楽療法学会の2日目は基調講演とポスター発表、口演発表、自主シンポジウムがあります。 去年は音楽感受研究所の発表もあったのですが、今年...
音楽療法学会2014〜3日目〜今日で2014年の音楽療法学会は最終日です。 今回の音楽療法学会は色々と「確認できました」 自分の中で疑問に思っていた事の答...

頭を使う時間を意図的に作る

音楽療法に限らず、「学会」「学術大会」というのは普段なかなか話ができない、「同業者達の意見交換の場」とも言えます。

(白熱しすぎて意見交換というか言い争いレベルになることもありますが・・・。)

トップレベルの話し合いに耳を傾け、そして自分なりに考えるという事が非常に勉強になるんです。大人になると勉強する機会がドンドン減っていくので、意識的にこういところに行って頭を使わないとダメになってしまいます。

 

音楽療法学会学術大会は初日に必ず「講習会」があります。

午前2コマ

午後2コマ

計4コマガッツリと勉強出来るわけですよ。これが最高なんです。

普段聞けない教授の授業やお医者さんの事例報告など、色々な種類がありますが、どれも聴き応えバッチリです。

今年はどんな講義が聴けるんだろう。とても楽しみです。

参加した国際・国内学会一覧

インドの国際学会APSCI2013に参加しました。インドの国際学会APSCI2013に参加しました。 6月に韓国のソウルで行われた国際耳鼻咽喉科世界会議(IFOS 2013)で突然...
第13回日本音楽療法学会学術大会に参加しました。毎年9月に行われる日本音楽療法学会学術大会に今年も参加してきます。 今年の開催日は9月6日・7日・8日で場所は鳥取の米子。明日、飛行機...
人工内耳の国際会議CI2014に参加してきました。ドイツのミュンヘンで開催されたCI 2014 13th International Conference on Cochlear Imp...
ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。