スティールパン

日本でスティールパンを購入する方法とおおよその値段。

【この記事は新しい情報が入り次第、随時更新していきます。】

スティールパンの活動を続けてきて、まず困ったのが「どうやってスティールパンを購入するか」ということ。

  • トリニダードに行かないとスティールパンは買えないの?
  • 日本でスティールパンを売ってるお店はある?
  • 値段は?
  • クオリティは?

こういったことは調べようにも難しいんですよねぇ。インターネット上にもあまり情報が無いんです・・。

そこで、10年以上プロのスティールパン奏者として活動して来た僕が知っているお店や人などを紹介します。

まず結論としてお伝えしたいのは
  • スティールパンは日本にいても購入できます。
  • この記事で紹介しているスティールパンの値段は12万円から25万円です。

トリニダードに行ったとしても、スティールパンは普通のお店に売っているわけでは無く、職人の工房やお店に伺って注文するのがほとんど。職人の工房やお店は街中の分かりやすい場所にある訳ではありません。トリニダードに渡航したとしても、工房やお店にたどり着けないです。

なので、もしスティールパンの購入に慣れていないのであれば、このページに記載された方法で買うことを強く強くオススメします。

現地で買ったほうが安いんじゃないの?なら、そっちの方が良い!

と思いますよね。分かりますよその気持ち。

しかし!!!スティールパンは普通の買い物とは訳が違います!!初心者が簡単に買える代物ではありません。その理由もお伝えしたいと思います。

スティールパンを購入するなら、慣れた人に依頼するか、日本のお店で買った方が良い理由

  • 言語の壁。トリニダードは英語圏だけど、ナマリもあるよ。それで10万円以上の購入するやりとりができる?
  • スティールパンの購入はほとんどが前払い。楽器が完成するのは、早くて2ヶ月後。1年待ちもザラ。その間、職人と綿密なやり取りができる?
  • トリニダードから日本への郵送方法を知ってる?
  • もし、輸送中にスティールパンが壊れてしまったらどうする?
  • 日本に到着後、税関から連絡が来ることも。そんな時の対処法を知ってる?
  • もし、スティールパンが届かなかったらどうする?

と、ざっと考えただけでもこれだけのハードルがあります。ここに挙がっていないこともあるはず。

そんな中、あなたは自分で輸入しようと思いますか?

僕も、トリニダードに行き、実際に職人の工房に伺ってスティールパンを発注したことがありますが、慣れた人と一緒に行動し、その人を通して発注から輸送まで、全てを任せました。

断言しますが、僕一人では絶対に無理でした!!!

もちろん出来る人もいますよ。僕は無理でしたが、一人でトリニダードの職人の工房に行き、注文し、日本に輸送、自宅で受け取りをした人もいます。それだけの行動力とバイタリティを持っている人はどうぞ!

その場合はトリニダードに行った(PANORAMAに参加した)流れでスティールパンを注文した。と言う人がほとんど。

スティールパンを購入したいだけであれば、日本で買える方法を使った方が安いです。
トリニダードへの渡航費はフライトチケットだけで往復15万円〜20万円ぐらい。その費用でもう一つスティールパンが買えます。

STEELPAN GARAGE

まずはスティールパンガレージですね。
PANLAND製品を中心に、SIGNAL HILL製品、マリオさんやガスタスさんのスティールパンを販売しています。

STEELPAN GARAGEは野中貿易株式会社という楽器輸入専門会社のショールームの一つ。

スティールパン専門のショールームで、常時数種類のスティールパンが展示販売されています。
いくつか在庫があるので、弾き比べて気に入った方を買うことができます。
普通、大体の楽器は入念に弾き比べて、気に入った楽器を買うのが普通ですよね。
しかし、スティールパンはそれができない。

理由は
製作家は代金を受け取ってからその資金でドラム缶を調達し、製作が始まるから。職人はあんまり在庫を抱えることをしません。
完成するまで実物を見ることはできませんし、完成した後は好みじゃない音色だったとしても、キャンセルできません。チューニングでなんとかしてもらうしかありませんね。

スティールパンは個体差が大きいから試奏してから購入できるのは本当に嬉しいことです。
逆にいうと、その他の方法(これ以降に紹介する方法)では、弾き比べできないことがほとんど。
STEELPAN GARAGEは購入前に弾き比べできる数少ないお店です。

STEELPAN GARAGEのスティールパン値段表

スティールパン製品一覧|Steelpan Garage-スティールパンガレージ

テナーパンで12万円から25万円という価格帯です。基本的に金額が高い方が良い音が鳴りますが、、楽器というのは個人の好みが大きく影響しますので、なんとも言えませんね。実際に音を出してみて、聴いてみて判断してください。

学校や企業でスティールパンを購入するのにカタログが必要な方へ

会社や組織によっては「会計にカタログ資料なんかを添付しないといけないです・・」という方もいらっしゃいますよね。

こちらのページにカタログもあります。

steelpan_c.pdf

STEELAPAN GARAGEに行けば、実際の(紙媒体の)カタログも置いてあると思います。

STEELPAN GARAGEの地図

STEELPAN GARAGEの連絡先

住所
〒223-0057
横浜市港北区新羽町481 2F
TEL & FAX:045-540-8301
連絡先 spg@nonaka.com
(平日の連絡はe-mailでお願い致します)

営業日:土曜日・日曜日(平日及び祝日は予約open)
定休日:平日及び祝日
営業時間:10:30~19:00

アクセス:北新横浜野中貿易PANYARD
横浜市営地下鉄 北新横浜駅下車 徒歩1分
(赤いスカッシュコートの建物の隣です)

こるりん

僕のブログに度々登場するこるりん。トリニダード武者修行では、めちゃくちゃお世話になりました。

そのこるりんは、トリニダード在住のスティールパン製作家である、アンディ・ニールズさんとお友達で、こるりんを通してアンディ・ニールズさんにスティールパンを作ってもらえます。

僕も、よくスティールパンの購入を頼んでいまして、かれこれ3台ぐらいのテナーパンを買っています。

値段はその時々のレートによって変化しますが、こるりんは良心的な代行手数料で輸入代行してくれます。

値段や、アンディ・ニールズさんの楽器の特徴を知りたい方は、 こるりんのツイッターか、ブログへメッセージを送って下さい。

Lulu Atlantis(@korurie)さん | Twitter

https://steelpan.hatenablog.jp/

こるりんに頼むとスティールパンケースも拘れる!

スティールパンとセットで購入するのがスティールパンのケースですが、こるりんにスティールパンを頼んだ場合、ケースも自分の好きなようにオーダーできます。

というのもトリニダードにはSARAH’S PANCASEというスティールパンケース専門店があって、こるりんはそのお店でオーダーしてくれます。

ニコちゃんスティールパンケース 昔話スティールパンケース

こんなデザインのパンケースもオーダーすることができます。

リュックタイプにもなるスティールパンケースもありますね。

リュックタイプのスティールパンケース

あさちゃん(株式会社55gallon)

スターズ・オン・パンのメンバーであり、アリアピタスティックの製作家、株式会社55gallonのあさちゃんに頼んでマッポーさんの楽器を購入することができます。
マッポーさんの楽器はトリニダードでも人気です。こんなに貴重なスティールパンも日本いながら購入できるのはとても嬉しいこと。

ちなみに

僕はトリニダードに3度ほど行っていますが、マッポーさんの工房がどこにあるか知りません。
なので、僕が一人でトリニダードに行ったとしても、マッポーさんの楽器を購入することはできません。
悪いことは言いません。マッポーさんの楽器を買いたいなら素直にあさちゃんに頼んだ方が良いです。

Ariapita STICKSこちらのページのコンタクトフォームから連絡してみてください。カタログが必要な方、業務販売してほしいという方にも対応可能とのことです。

生田さんに作ってもらう

生田さんは兵庫県養父市に工房を構え、スティールパン製作家として活動していまして、スティールパンを作ってもらうことが可能です。

生田さんのサイトとプロフィールを併せてどうぞ

生田さんの工房には何度かお邪魔させて頂いていて、僕は主にテナーベースや6ベースを試奏させてもらいましたが、とても良い感じ!
日本では数少ないスティールパン職人。貴重な存在です。

個人的な音の印象は、「テナーパンは柔らかくて綺麗な音」「ベースは、しっかりとくっきりと芯のあるベースの音」というイメージ(抽象的ですみません。)
素敵な音が鳴るんですよ。生田スティールパンの愛用者はドンドン増えてきています。

日本人製作家ならではのメリット

生田さんのスティールパンの音色が好きな人はもちろんですが、自分が出したい音色のイメージがある人は細かい要望を伝えることができます。

  • スティールパンを吊るす角度は深い方が良い。浅い方が良い。
  • 余韻は長い方が良い。短い方が良い。

などなど。購入者が職人と直接話ができるというのはメリットに感じる人も多いはず。
作り手の顔が分かるというのは、今後の演奏にも大きく影響します。
その楽器を演奏するたびに制作者の顔が浮かびます。

生田スティールパンの値段表

こちらが一覧表です。Ikuta Steelpan | PRICE LIST

テナーパンのクロームメッキ仕上げが20万円。ペイント仕上げが14万。(2018年12月現在)

シングルパンの価格も載っていますね。シングルセカンド、シングルギター、シングルベースが7万円から17万円。

マニッシュさん

日本在住でトリニダード出身のスティールパン奏者、Sonics-Tokyoのリーダー:マニッシュさんからスティールパンを購入することもできます。

2018年12月21日追記
ブログの読者様からご指摘を受けまして、訂正いたします。
マニッシュさんはSonics-Tokyoのリーダーではなく、指導者という立場で活動されているそうです。
間違った情報をブログに載せてしまってすみませんでした。
また、間違いを指摘して下さった読者の方、ご指摘ありがとうございました!

マニッシュさんの活動は

  • 演奏家
  • Sonicsを始めとするバンド又個人への演奏指導者
  • スティールパンの制作・販売・チューニング

マニッシュさんご自身でもチューニングしますが、毎年トリニダードからチューニングの専門家を呼んでくれるので更に安心できますね。
スティールパンのちょっとした不具合ならマニッシュさんに依頼、大きな問題が起こったらチューニングの専門家に依頼。といった感じでしょうか。
日本に呼んでるチューナーは様々ですが、最近はガスタスさんが多い?印象です。
気になる方は下記の連絡先から問い合わせて下さい。

エリーマネットさんのサイトから購入

これはハードル高くなりますが、エリーマネットさんのサイトから購入することもできます。

Mannette Musical instruments – Steel Drum Instruments

英語のサイトなので、苦手意識を持つかもしれませんが、普通にオーダーできるはずです。

エリーマネットさんのスティールパンの値段

2種類のシリーズがあって、クラシカルシリーズとプロフェッショナルシリーズです。

プロフェッショナルシリーズが上位モデルという感じですね。
こちらが一覧表です。

ローテナーの金額を比較してみると

  • $2,300.00(クラシカルシリーズ)
  • $4,100.00(プロフェッショナルシリーズ)

という感じ。
2018年12月20日のレートで

  • 258,776.51円
  • 461,297.15円

ですね。

残念ながら、エリーマネットさんは2018年8月29日に他界されました。
しかし、エリーマネットさんの弟子達がその工房を継いでる・・・はず!
僕は2017年にエリーマネットさんの工房に伺いました。エリーマネットさんは体調が悪いそうで会えませんでしたが(90歳を超えていましたからね・・)
お弟子さんに会うことができました。試奏動画もあるので、以下の記事もご覧下さい。

エリーマネットさんのスティールパンこそが「癒しの楽器:スティールパン」の代名詞。ドタバタだったトリニダードの旅を終え、そのままアメリカのピッツバーグへ。 今回の旅の最終目的地であるエリーマネットさんのスティールパン...

エリーマネットさんの意思を継いだお弟子さん達が作るスティールパンを欲しい方はこちらから購入して下さい。

 

View this post on Instagram

 

#elliemannette

Mannette Instrumentsさん(@mannette_instruments)がシェアした投稿 –

スティールパンのことについてもっと知りたかったら

スティールパンについて。プロのスティールパン奏者として10年以上の活動を経て培った『全知識』を盛り込んだスティールパン解説ページです。スティールパンの種類、購入方法やライブ・映画情報などについて知りたい人はこちらのページへどうぞ。...
ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。