トリニダード・トバゴ武者修行日記2019

トリニダードで安全・快適に過ごすために【反省を元に解説】

【この記事は新しい情報が入り次第、加筆修正していきます。】
【この記事に書かれたことを守れば大丈夫という訳ではありません。トリニダードでは個人でできる最大の注意を払ってお過ごし下さい。】

治安が悪いことは知っているけど、トリニダードに行ってみたい。安全に過ごすために気をつけることを教えて欲しい。

という方へ。

殺人率は日本の88倍というデータも出ています。安全には十分に注意してください。

過去4回トリニダードに行っている僕が経験を元にお答えします。
が!正直、僕もまだまだ分からないことも多いです。
滞在中、僕も多くのミスをしていて、その度に先輩達からアドバイスをもらったので紹介します。
小さなミスから大きなミスまでありますので、トリニダードに行かれる方は参考にして下さい。

特に初めてトリニダードに行くなら絶対に読んでほしい内容です。合わせて、こるりんの記事も必ず目を通すように!とても大事な内容です。

(反発されがちな)トリニダードの歩き方 – こるりうちゅう

安全に過ごす為に色々なことを教えて下さって本当にありがとうございます。

絶対に守った方が良いこと-トリニダードを安全・快適に過ごすために-

知らないことがあったら詳しい人に聞く

特に初めてトリニダードに行った時は分からないことだらけだと思います。
詳しい人に話を聞きましょう。

「自分の力で何でもやってみるんだー!」

という気持ちは確かに素晴らしいですが、周りに迷惑をかけることがあります。小さな事件がキッカケで大きな事件に繋がることもあります。
心苦しいかもしれませんが、分からないことは詳しい人に聞きましょう。事件が起きてからでは遅いです。

手始めに、こるりんのツイッターをフォローすると良いですね。

こるりんのツイッターアカウントはこちら

慣れていないなら「自分一人でairbnbで泊まって一人で過ごす」などはやめた方が良い。
詳しい人と泊まったり、一緒に行動した方が良いです。全く知り合いがいないのであればBUDDY INNをオススメします。トリニダードで多分唯一の日本人宿です。

危ないエリアには立ち入らない

危ないエリアについても必ず聞いて下さい。そのエリアには極力行かない方が無難です。

よく言われているのはラバンティールのエリア。慣れてないなら絶対に一人で行かない方が良い。
どうしても行きたいのであれば、慣れている人と一緒に。
その他、僕も知らない危険なエリアもあるはずなので行く前に詳しい人に相談した方が良いです。

飲み過ぎ注意

トリニダードはラム酒が有名。STAGやCARIBなど日本では飲めないビールもあり、お酒好きには堪らないでしょう。

ですが、お酒はほどほどに!

特に外出先で飲むときは注意しましょう。
お酒を飲むとついつい気が緩みます。気を張って生活しているから、なおさらお酒を飲むと気が緩んでしまいますね。
酔いつぶれるまで飲みたいなら宿に帰ってから。鉄則です。

トリニダードでは、車があると快適で安全です。

2013年はグループでトリニダードに行き、滞在中はレンタカーを使って移動していました。とても快適で安全だったなと思います。

特に夜に行動するならタクシー・車にして下さい。
2011年の頃は、17:00を過ぎたらもうほとんど徒歩では行動せず、タクシーなどを使っていました。

基本的に、トリニダードでは日が暮れたら一人で出歩かない方が良いです。
これは何度も何度も何度も何度も言われてきました。夜は危ないです。

エクスペディアでもレンタカーができるようなので参考にして下さい。

トリニダードで車を運転する場合、国際免許も必要です。日本で必ず取得して下さい。
僕は神奈川県の運転免許センターで取得しました。それほど時間は掛かりません。

日本在住で日本の運転免許証をお持ちの方|警察庁Webサイト

どこかへ行く時は必ず誰かに声をかけて。自分勝手に行動しない。

数人で行動を共にしているなら、たとえ些細なことでも、周りにいる人に一声かけてから行動して下さい。
「そこのお店が気になるから行ってくるね」
「集合場所は●●ね!」
「もう疲れたので先に帰るね。」
「先にヤードに行ってるね。」

などなど。急にいなくなってしまうと、「□□さんがいない!!さっきまで一緒に居たのに!」ということに。
日本だったら「そのうち帰ってくるでしょ」という気持ちになりますが、トリニダードでは「何か事件に巻き込まれたかも!!!」となり、多くの人が心配します。

みんなに心配を掛けないためにも、自分の行動を周りに話してから行動するようにして下さい。

大きな荷物を持ち歩かない・リュックなどは背負わない(体の前で抱える)・あまり派手な格好で歩かない・財布をあまり持ち歩かない。

荷物をひったくられる。というのもよく聞きます。大きな荷物は持ち歩かないようにしましょう。
僕は軽いナップサックを体の前に掛けて過ごして居ました。スティールパンのスティックとタオルぐらいが入ってるのみ。荷物は少なく。
アクセサリーなどはしない方が無難です。特に金色・シルバーのものは身につけない方が良いです。お金はその日必要な分だけ持ち歩くように。

遠いところや夜遅くにイベントに行くなら、帰りの手段を確保して。

自分の車があればオッケーですが、車が無ければ信頼できる人に迎えに来てもらうのが一番良いです。
もしくはタクシーの配車アプリなどを活用して下さい。

TT RideShare
TT RideShare
開発元:Evisra Limited
無料
posted withアプリーチ
Drop
Drop
開発元:QUp World Inc.
posted withアプリーチ

快適に過ごすために守った方が良いこと-トリニダードを安全・快適に過ごすために-

(トリニダードに行く前)アメリカを経由する場合

日本からトリニダードに行く場合、アメリカを経由するなら必ずESTA申請が必要になります。
2011年、僕はESTAのことを知らなくて成田空港で大慌てで申請しました。フライトの数時間前です。
フライト直前にESTA申請をするのは控えた方が良いです。公式サイトを見ると、72時間余裕を見た方が良いとのこと。必ず事前に済ませておきましょう。

(トリニダードに行く前)PANORAMAに参加したいなら目星のバンドをある程度絞っておく。

今はYOUTUBEを検索すると、色々なバンドの演奏が見れます。その映像を見て自分が入りたいバンドを絞っておくと良いでしょう。
トリニダードに行って、色々なバンドの練習を見てから決めるのも良いですが、それでもYOUTUBEを見ていた方が良い。
なぜなら、すぐにバンドを決めて練習に参加した方が良いからです。早くバンドに馴染めますし、曲も練習できる。しっかり演奏できないとファイナルのメンバーに選んでもらえないこともあり得ます。

バンドの雰囲気を掴んでおいて、すぐに練習に取りかかれるようにしましょう。

どこに危険が潜んでいるか分からない。十分に気をつけてお過ごし下さい。

海外安全ホームページにトリニダード・トバゴのことが書かれています。

2019年2月15日に危険レベル2に引き上げられたそうです。

やはり、お世辞にも治安が良いとは言えません。十分に気をつけるべきです。

取り返しのつかない事件も起きています。

この記事を書いているのはトリニダードから帰ってから。
結果として大きな問題は起きていませんが、色々な人に注意を受けながら生活をしました。
僕はトリニダードへ4回目ですが、自分では気づかない危ないことをしていました。
その行動に対してみんな親切心で注意をしてくれたことを心から感謝しています。

僕の注意不足が原因ですが、しかしそういうこと。
トリニダードに4回行ったぐらいではまだまだ初心者みたいなものです。

もう2度と悲しい事件が起こさないために、今後トリニダードに行く人に知ってほしいことを書きました。

安全に気をつけて、楽しいトリニダード旅行にして下さいね。

楽しく優しくかっこよく

安里圭一郎

ABOUT ME
安里 圭一郎
安里 圭一郎
安里圭一郎 / Keiichiro Asato 詳しいプロフィールはこちら。 神戸在住。プロのスティールパン奏者として10年以上活動しています。 「スティールパンを始めたいと思う人がスムーズに始められるように」という思いでブログを運営しています。